犬から尊敬される飼い主になるためのアドバイスとは?

2019年4月4日
子犬の時に経験することがきっかけでトラウマになる可能性もあるので、しっかり愛情をかけながら訓練する必要があります。毅然とした態度ではっきり伝える必要がありますが、罰は避けて代わりに正の強化によってしつけを行うようにしましょう。

幼い頃からの正しい訓練は飼い主と犬との強い絆を築くための最良の基盤です。まだ子犬である時から、あなたを飼い主として尊重するようにしつけるために、明確な関係を築く必要があります。

初めて犬(または子犬)を飼う時のアドバイス

子犬は通常、訓練をするのに4ヶ月から6ヶ月かかります。訓練とは、例えば、トイレトレーニングなどを理解させ、それができるようにすることです。

不思議に思うかもしれませんが、子犬を訓練するのにかかる時間の長さは犬の大きさが大きな鍵を握っています。例えば、小さい犬は小さい膀胱を持っています。つまり、大きな犬よりも頻繁にトイレへ行かなければなりません。

犬が家に来る前の生活環境も大きな要因となるでしょう。暴力的な環境で育っていたり、トラウマを持っている子犬は、最初は防御的に振る舞うかもしれません。

飼い主を見つめる子犬 犬から尊敬される飼い主  アドバイス

ある程度スペースを与えて、あなたやあなたの家に慣れさせましょう。心的外傷後ストレス障害などを持っている犬にとって、一番嫌なのはやりたくないことを無理矢理強制することです。

あなたのライフスタイルには合わない悪い習慣を以前いた場所から引き継いでいる可能性があります。飼い始めてすぐに強制的に変えようとはしないでください。なぜ、そのような振る舞いをするのか理解し、おやつや愛情を通して行動を変えることでメリットがあることを教えましょう。

こちらもご参考に:
子犬が家に来た!最初の数日の過ごし方

飼い主として尊重させるためにできること

子犬はもともと好奇心が強いので、落ち着くことができる場所を与えることから始めてください。犬用出入り口を設けたり、部屋の一角に食料と水を置いて犬だけのスペースを確保してあげましょう。

子犬の育成において、ポジティブな刺激が非常に大切であることを覚えておいてください。子犬が何か悪いことをした時は罰する代わりに、おやつと愛情によって、正しい振る舞いを教えてください。まだ子犬であるうちから、あなたを飼い主として尊敬させるための素晴らしい方法です。

歩き回る子犬 犬から尊敬される飼い主  アドバイス

犬が吠え始めたり、じっとしていられなかったり、ドアの匂いを嗅いでいたりする場合は、おそらく外に出る必要があります。これらのサインに気を配ってください。サインに気づかず、犬がお漏らししてしまいイライラするような誤解が生じることを避けて下さい。

ご存知でしたか?:
接着剤で体を固められた子犬のパスカルが救助される

失敗した時にしてはいけないこと

子犬が何か失敗したり悪さをしたときのあなたの態度は非常に重要です。子犬があなたを恐れるようになっては良くありませんが、あなたを尊重することが必要です。

家の中でトイレをしたとしても罰しないでください。子犬はまだ訓練の途中です。生理現象に従って排泄しただけなのに、それを罰するのは公正ではありません。

家中に噛み付いた痕を見つけたとしても、子犬が悪さをした現場を見ていなかったのならば、罰を与えないでください。時間が経ってから罰しても、犬は噛み付いた行為が悪いことだと理解できず、そこから何も学ぶことはできません。

家の中で排泄した場合は、犬がまた再びその場所に戻ってトイレをしないように出来る限りきれいに掃除してください。

正の強化はあなたと子犬の絆を強化し、子犬も次第に飼い主を尊重し従うようになるでしょう。