犬の雷恐怖症への対処法とは?

· 2019年4月19日
犬が雷をひどく怖がるというのはよく起こる現象で、これを「雷恐怖症」と呼びます。本記事では犬の雷恐怖症への対処法をご紹介します。

「雷恐怖症」要因

雷恐怖症になる要因として挙げられるのは、犬の血統や年齢、性別です。雷に対する恐怖心の根源は明らかになっていませんが、ある理論では、遺伝的に雷を怖がりやすい素因があると言われています。また嵐で怖い経験をしたり、人間や他の動物が怯えているのを見ることで、嵐に対して恐怖心を持つ犬もいます。

ある犬へ効果的だった治療法が他の犬にも有効とは限らないことから、専門家は「雷恐怖症」に対する絶対的な治療法はないと述べています。

「雷恐怖症」の治療法

犬 雷恐怖症 対処法

雷への恐怖心の強さは犬によって異なります。少し怯える程度の犬もいれば、震えて息を切らしたり、最悪のケースでは、嵐の中で窓から飛び出したり道に飛び出して怪我をする犬もいます。

 

犬の雷恐怖症への対処法

  • 雷の音に慣れさせる:嵐の音を1分ほど録音して聞かせ、不安そうになったら止めましょう。犬が落ち着くのを待ち、もう一度音を流します。これを10分間のインターバルを挟みながら、これを5回ほど、4,5日行いましょう。2週間ほど空けてもう一度行います。
  • より安全性を感じさせる:犬が安全になれる場所を見つけ、嵐が来た時にそこへ行くように訓練します。犬が雷を見ずに済むように、地下室など窓がない部屋で、電気を消しておきましょう。場所を見つけたら、そこに必ず犬小屋と快適なマットを設置し、ドアを開けておきます。そうすることで、犬がこの場所は楽しい所だと感じるようになります。ブランケットやタオルを犬に被せてあげるのも効果的です。
  • 抗不安剤を使うこともできますが、効果的に与えることが難しい場合もあります。このような薬は効果が表れるまでに20分以上かかるため、嵐が来るのを察知しなければなりません。
  • 飼い主の反応も大切です。もし飼い主が怯えたり怖がっていると、その恐怖心は動物にも伝わります。彼/彼女を一人にしてあげ、叱ったり撫でたりしすぎないのが一番でしょう。特に叱ってしまうと、「雷が鳴ると怒られる」と関連付けてしまい、より不安や恐怖を感じるようになってしまいます。撫でたり元気づけようとするのもよくありません。そうすることで、「不安に感じることは正しくて楽しいこと」だと刷り込まれてしまうからです。

行動変容療法

犬の雷恐怖症への対処法として非常に有効的なのが、行動変容の技術や方法論です。その中でも最も適切とされるのが、「反対条件付け」と「脱感作」です。

犬 雷恐怖症 対処法

これらの方法論を徐々に適用しながら、音やその他の刺激に対して怖がらずに反応することを教えましょう。

犬が怖がらない程度の音から始め、同時に楽しい刺激も与えましょう(ボール遊びなど)。少しずつ音の大きさを上げながら、楽しい刺激を与え続けます。このプロセスを通して、動物はその音と「楽しいこと」を関連付け始めるでしょう。

また、これらの問題の専門のトレーナーにお願いするのもいいでしょう。このトレーニングは、嵐や花火などの刺激を受ける数週間前に行われなければいけません。