犬はあなたの子供ではなくペットとして家族の一員になる

2018年11月2日
彼らの親としての責任を果たしてあげましょう。

専門家はペットを人のように扱うことを危険視しています。今回は、なぜ彼らが「犬は私たちの子供ではない」と言っているのか、その理由を説明したいと思います。

知覚の原点

専門家によると、動物の知覚という概念はロマンティシズム期に生まれたと言われています。

また、専門家はペットの擬人化は家族という概念の変化の明らかな現れだといいます。一方で、これはペットは個人としての家族にとっての繋がりだという考え方ともいえます。

また、気持ちを伝えたり、表現するという人間的な問題もあります。倫理的クライシスにおいて、信頼という感覚の崩壊は、犬は人間よりも素直な生き物であるという考え方へと導いているのです。

ペット として 家族の一員 になる

多くの愛犬家にとって、これは詩的に聞こえるかもしれません。しかし、「犬は私の子供ではない」ということを認識しないことは、動物の間違った扱い方に繋がりかねません。

なぜ犬は私の子供ではないということを理解するべき?

まず、犬の擬人化は犬の性質を尊重していないことになります。それぞれの種にそれぞれの需要があり、体は人間と違います。ですので、人間のように扱ってしまうと悪い癖や健康問題を引き起こします。

では食べ物を例に挙げてみましょう。多くの飼い主が自分の食べ物をペットとシェアすることはいいことだと考えます。しかし実際は、料理された、味付けされた、または生成された食べ物は、ペットの胃の中で深刻な問題を引き起こします。

服とペット用のアクセサリー

他の例としては、ペット用の服や靴のがあります。かわいくみえるかもしれませんが、ペットの身体にはオススメできません。靴を履かせることによって、汗腺が塞がれ、地面との接触も塞がれてしまいます。本来の衝撃が体に伝わらないと、自然な状態を変えてしまうことになります。

また、やりすぎた擬人化は行動に問題を起こしがちです。恥ずかしがり屋になったり、凶暴的になったり、吠えすぎたり、極度に活発的になったり、様々な問題が出てくるでしょう。こういった行動全ては動物が人のように扱われることが原因でおこる行動の例です。

教育と訓練

よい教育と訓練は、犬に人やその他の動物と共にうまく生きていくことを教えることになります。社交的になるプロセスで、凶暴な態度を抑えることができるようになります。

そして、擬人化と無責任な育て方は独占欲を育ててしまいます。こういったことは、家庭での人やその他の動物とのトラブルに繋がります。社交的でない犬は、自分のテリトリーの支配を得るために、自分を飼い主から孤立する傾向にあるのです。

犬との健康な関係

「犬は私の子供ではない」というフレーズを理解することをまず最初に行いましょう。これはワンちゃんへの愛情を減らすとか、感情を弄ぶといったことではありません。あなたのスペースとワンちゃんのスペースにしっかりと境界線を引くようにするということです。

犬は「集団」の一員として扱われるべきで、この場合はあなたの家族です。リーダーとして扱ってしまうと、犬は自分がしたいことはなんでもしようとします。家具を壊したり、凶暴になったり、様々な問題を引き起こしてしまうでしょう。。

 ペット として 家族の一員 になる

早期の教育

なので、ワンちゃんがいくら愛おしい表情でよってきも、NOと言うことはとても重要です。断ることは教育において必要不可欠です。最初の4〜20週の間に教育を始めたり、社交的にさせたりすることが理想的です。なぜなら、子犬の頃が一番影響されやすいからです。

「おすわり」や「待て」などの指示や、名前を呼ぶなどの簡単な命令を教えることも重要です。様々なしつけをしてあげてください。

一方で、ベットに一緒に入ったり、食事の場で食事をねだることはやめましょう。動物は人間のためのスペースというものをしっかりと尊重するべきで、プライバシーを維持することは、犬との関係を含むどんな関係においても重要です。

前向きな訓練は犬の態度に必要なものです。また、暴力はどんな種においても、学習の妨げになります。犬はあなたの子供ではなくペットとして家族の一員になります。彼らの親としての責任を果たしてあげましょう。