愛犬に寂しい思いをさせないために飼い主ができること

2019年1月31日
分離不安症の大きな症状は、あなたがいない間に常に吠えることです。さらに、攻撃的になったり、緊張したりします。一言でいえば、ワンちゃんはあなたに「ひとりにするな」と伝えているのです。

あなたが思っているより寂しさは犬に影響を与えます。ですから、犬がもし不快感を示していたらその原因を解決するべきでしょう。飼い主がいない時に攻撃的になったり、緊張していたり、よく吠えたりしているようであれば、何かがおかしいというサインです。

家でお留守番をさせるのもするのも犬にとっても、飼い主にとってもドキドキしますよね。ですから、もし犬をよくひとりにさせるのであれば、この記事を読んで犬の分離不安と上手く付き合う方法を知るとともに、どうすればぐちゃぐちゃにされた家に帰ってこなくても済むか学びましょう。

ペットと寂しさ

人間と同じように、動物もひとりでいる時間が一定の時間を超えると寂しさを感じます。毎日を忙しく過ごしている人が多い今の時代では、これはよくある問題です。

もちろん、犬も一日に何時間もひとりぼっちでいたいわけありません。彼らは、飼い主との時間がなければ鬱になってしまうこともあります。けれど、安心してください。この問題を解決する簡単でクリエイティブな方法があります。

責任のある飼い主として、あなたが犬の精神的な健康の変化に常に気を配ってあげないといけません。人間と同じように、犬も寂しい時はあなたに解決してほしい問題があることを伝えるために、あなたの気を引こうとします。

怖がる犬

もし家に帰ってきた時に、犬がおしっこをしてしまったり、家をぐちゃぐちゃにしていたりしても、決して怒ってはいけません。それは彼らなりにあなたの気を引こうとしているだけなので、その行動は簡単にコントロールできます。

分離不安症

以下のアドバイスを読む前に、ペットが見せる症状について詳しく見ておきましょう。犬が見せる不安は簡単に見分けられることができます。

分離不安症大きな症状は、あなたがいない間に常に吠えることです。さらに、攻撃的になったり、緊張したりします。一言でいえば、ワンちゃんはあなたに「ひとりにするな」と伝えているのです。

あくびをする子犬

他にも家具などの物を舐めたり、食欲がなかったり、じっとしていたり、怖がっていたりするのも不快感の表れです。もちろん愛犬はあなたのことを愛していますが、これらの行動を許していいわけではありません。一刻も早く解決するべきです。

けれど、もしこれらの行動がずっと続くようであれば獣医に相談しましょう。

犬をひとりにする時のアドバイス

  • 犬に寂しい思いをさせないためのおすすめなアドバイスの一つは、いくつかおもちゃを家に置いておくことです。いずれそのおもちゃに飽きてしまうので、毎日違うおもちゃを出しておくのが良いでしょう。
  • 家を出る前にご飯をあげておくのもオススメです。きっと愛犬は一日中お腹いっぱいで満足して過ごせます。もしそれだけでは足りないようであれば、おもちゃやご褒美を家の中に隠して犬を楽しませてあげて不安を取り除いてあげましょう。
  • 家を出る前に犬と一緒に散歩をしましょう。犬は特に長めの散歩に行くのが大好きなので、一緒に運動したりキャッチボールなどを遊びましょう。そうすれば、愛犬はエネルギーも発散できますよ。
  • もしひとりにさせたくないのであれば、ペットをもう一匹飼うのも手です。あなたがいない間に遊び相手がいると愛犬はきっと喜びますよ。犬は社交的な動物なので、友達がそばにいれば落ち着いて、気楽に過ごせるでしょう。
家で留守番する犬 寂しさ 犬

犬をひとりにする時してはいけないこと

  • 部屋に閉じ込めてはいけません。一部屋にずっと、自由もなく閉じ込めるのは愛犬の精神的な健康にとってよくありません。きっと悪いことをして罰を与えられているのだと思うでしょう。
  • あまり甘やかしすぎないようにしましょう。甘やかすと、あなたのことをもっと頼ってしまい、分離不安がもっとひどくなってしまいます。愛犬に自立することを教えれば長い時間あなたがいなくても平気で過ごせるでしょう。
  • オーバーリアクションをしないようにしましょう。家族の一員であることはもちろんですが、人間の赤ちゃんのような扱いはしないで下さい。一番良いのは、あまりよそよそしくならず、またオーバーでもなく、程よく優しくすることです。例えば、家に帰ってきた時には挨拶はしても、あまりオーバーに甘やかしたりしないようにしましょう。