ノーマとリンゴの物語:愛犬と一緒にアメリカを旅した女性

2019年4月22日
本記事でご紹介するのはノーマとリンゴの物語です。ガンと診断されたノーマという未亡人の女性は、RV車を購入し、愛犬のリンゴと一緒にアメリカ中を旅しました。

まるで映画の設定のようですが、ノーマとリンゴの物語は本当の話です。主人公は愛犬リンゴ、息子のティム、義理の娘のラミーと旅する90歳の女性ノーマです。

痛みから希望へ:ノーマ、リンゴ、ティムとラミーの物語

ノーマとリンゴ 物語 フェイスブック

出典:フェイスブックページ「Driving Miss Norma」

彼女の夫レオが亡くなった2日後、医者は彼女の身体に腫瘍があるのを見つけました。可能性のある治療法は手術でガンを取り除き、放射線と化学治療によるものだけでした。しかし、ノーマはアメリカを知るために旅に出ることに決めたのです。

ノーマは息子と義理の娘、そして愛犬のリンゴと共にRVに乗り、アメリカ中をロードトリップし、ノーマとリンゴは切っても切り離せない大切な存在になりました

これはロードトリップ映画にもなりうるような物語です。ガンと診断された女性が彼女の家族と愛犬リンゴとRVで国中を旅します。

ペットを飼うことの利点

ペットを飼うことが良い影響を与えることはよく知られています。一般的に、ペットを飼っている人はより健康的で幸せだと言われます。老人にとって、動物は寂しさや憂鬱さを和らげてくれるのです。さらに犬を飼うことは、

  • アレルギーへの耐性が強くなる
  • 血圧を安定させる
  • ストレスを軽減させる
  • 運動のモチベーションが上がる
  • コレストロール値を抑えられる
  • 心臓病のリスクが下がる
  • 心臓発作からの生存率が上がる

などの利点が挙げられます。

 

ノーマの年齢や病気に関わらず、リンゴや家族は彼女の人生を幸せにし、充実させるのにぴったりのパートナーだったのは間違いないでしょう

ノーマとリンゴの物語

この小さくて勇気のある女性は、愛犬、息子、義理の娘とアメリカを旅しました。彼女が旅の中で経験したことの中でも、

  • ラシュモア山へ訪れたこと(サウスダコタ州)
  • 熱気球に乗ったこと(カリフォルニア州パームスプリング)
  • ディズニーランドとサンマルコス砦へ訪れたこと(フロリダ州)
  • イエローストーン国立公園でバイソンを見たこと

が特に彼女を感動させたそうです。

さらに、ニューオーリンズの第2次世界大戦博物館へのツアーへ参加しました。ノーマは戦争中看護師として働いていたため、そこで名誉ある歓迎を受けたのです。

彼女のこの物語はSNSで拡散され、動画は220万回再生されました。

ノーマとリンゴ:「Driving Miss Norma」

ノーマとリンゴの物語 ノーマとリンゴ 物語 フェイスブック

出典:フェイスブックページ「Driving Miss Norma」

ノーマとリンゴの物語はある映画を彷彿とさせます90年代後半、当時約80歳だったジェシカ・タンディのオスカー主演女優賞を受賞した「Driving Miss Daisy」です。

ノーマとリンゴとその家族によるこの冒険はフェイスブックページ「Driving Miss Norma」に記録され、50万人からフォローされたそうです。とても素晴らしいお話で、心が温まりますね。

画像出典:フェイスブックページ「Driving Miss Norma」