家の中を猛ダッシュで走るネコちゃん!その理由とは?

2019年12月19日
猫の行動には本能的なものがあります。しかし、繰り返して家の中を猛ダッシュで走る場合は何か問題があるサインかもしれません。

家の中を猫が猛ダッシュで走る姿を見かけることはよくあります。しかも、まるで飼い主への嫌がらせかのように寝静まった夜中に走り回る猫は多いものです。どうして猫はこのように全速力で家の中を走るのでしょうか。本記事ではその理由について迫っていきます。

なぜうちの猫は家の中を猛ダッシュするの?

この猫独特の行動には次のような理由が考えられます。

敵から逃げている

この行動は猫がトイレを済ませたあとに見られることがよくあるようです。猫は用を足すと、できるだけ深く糞を埋め、その場から走り去ると考えられています。これは敵がにおいを追跡できないようにするためです。

猫がトイレを済ませたあとに猛ダッシュする様子が見られるため、この理由は理にかなっています。飼い猫はペットではありますが、本能がそうさせているのかもしれません。

消化器系の問題

別の専門家によると、この行動の背景には消化器系の問題やアレルギーが関与している可能性があるといいます。体の不調から落ち着かず、消化器系の問題を振り払おうと家の中を走り回っている可能性があるのです。

これは一般的に広く信じられていたことでしたが、あまりにも多くの猫が家の中を全速力で走り回るため、この理由を信じている人が少ないのも事実です。こんなにもの多くの猫が消化器系の問題を抱えているとは考えにくいものです。

自分をきれいにしようとしている

専門家によるもう1つの仮設では、猫は自分をきれいにするために走り回っているといいます。猫にとって衛生状態は非常に重要なことで、グルーミング(毛づくろい)をする理由も同じです。

猫は用を足すとすぐに糞から離れたいのです。これは綺麗好きな猫ならではです。しかし、猫の行動を専門とする医師のアニッシュ・シェスによると脳と結腸を結ぶ神経が存在し、その神経が刺激されることによって猫が奇妙な反応を示すことがあるのです。

夜中に走り回る猫 猫 猛ダッシュ

関連記事『猫の認知症:お世話をする時のヒントを見てみましょう

あなたの猫は夜中に猛ダッシュしますか?

これらの理由はどれも信ぴょう性があるように思えます。しかし、実際にその理由が正しくても、夜中に家の中を狂ったように走り回っている猫の行動を止められるわけではないので意味はありません。夜中に猫がトイレを使うこともありますが、そう頻繁にはないはずです。ましては毎晩ということもないでしょう。

ということは、他にも考えられる理由があるはずです。

あり余ったエネルギーを消費している

猫はエネルギーに満ち溢れていると考える人は多いものです。猫は犬のように散歩に行ったり、たくさん遊んだりするわけではないので、走ることで余ったエネルギーを消費するのです。ただし、これは子猫に多い傾向があります。

ノミ

猫にノミ、寄生虫、または痒いけれど届かない場所などがあると、それから逃れようと家の中を走り回ることがあります。普段とは違い、突然猛ダッシュをする場合はノミや皮膚に炎症がないかなど確認してみてください。

猫とノミ 猫 猛ダッシュ

合わせて読みたい『大切な猫を「ネコノミ」から守ろう!その対策とは?

猫の知覚過敏症(FHS)

猫の知覚過敏症では、背中などの皮膚に波打つような痙攣が神経質な猫で現れることがあります。家の中を走り回る原因とも考えられますが、この病気にかかっている場合は走り回るだけでなく、尻尾など体のあちこちを噛んだり掻いたりもします。

猫の知覚過敏症は強迫行為に繋がることもあり、アレルギー、または神経障害に関連すると考えられています。

家の中を猛ダッシュする猫は愉快に見えるかもしれませんが、深刻な問題から起きている行動の場合もあります。飼い主として、きちんと猫の行動に気を付け、繰り返し起きていることに気が付いたら動物病院に連れて行くようにしてください。