ワンちゃんも飼い主も楽しい!お家で簡単に作れるオモチャ

2019年1月23日
犬の五感の中で最も優れているのは嗅覚です。その長所を上手く使えば、何かモノを追いかけ回すゲームを作ることができます。愛犬はもちろん、きっと飼い主さんも楽しめる遊びになると思いますよ。

犬の五感の中で最も優れているのは嗅覚です。その長所を上手く使えば、何かモノを追いかけ回すゲームを作ることができます。これを「インタラクティブなオモチャ」と言うのですが、愛犬はもちろん、きっと飼い主さんも楽しめる遊びになると思いますよ

ペットストアに行くと様々なゲームが置いてあり、時にはパズルのような高価なオモチャもあります。しかし愛犬、特に子犬にとってはいつも「最初」は難しいもので、何度か挑戦しては失敗してを繰り返し、だんだんとイライラしてきます。

しかし、インタラクティブなオモチャはお店で買わずとも、お家にあるものを使ってもっと簡単に作ることもできます。ちょっとした創造力さえあれば、そこから何百個もの遊びが生まれる可能性もあり、愛犬専用の遊びを生み出していくことができるのです

 

インタラクティブなオモチャ

インタラクティブなオモチャは、犬が何らかの行動を行うことでご褒美がもらえる仕組みになっています。つまりご褒美を得るために嗅覚や知能、そして身体を使うことを促すのです。

インタラクティブなオモチャと犬

犬は嗅覚を用いることで気持ちを落ち着けますので、匂いはとても大切な要素となります。まさに、ストレスの発散や休憩にはもってこいのオモチャです。しかもゲームを攻略するとご褒美としてオヤツが出てきますので、自尊心も高まり喜びを得ることができます。

使い方

インタラクティブな遊びは次のような要素を考慮して作っていくのがオススメです。

  • 愛犬が攻略可能なもの。最終目標は愛犬が自分自身で問題を解決して、そのご褒美を得ることです。ここでオススメなのが、最初は簡単な問題から始めるというやり方です。もし愛犬にとって難易度が高いかなと思ったら、レベルを下げて行い、その後段々とレベルを上げていくようにしましょう。
  • 面白いものにする。難易度を下げるべきと言いましたが、逆に簡単すぎては面白くありません。ですので、愛犬が今のレベルを難なくこなせるようになってきたら、難易度を上げましょう。このようにして、長期に渡り愛犬にモチベーションを提供できるのが、インタラクティブなオモチャの良いところでもあります。
  • 愛犬にあったサイズのオモチャを。ジャーマンシェパードにチワワと同じオモチャを与えるわけにはいきません。愛犬のサイズを考慮して、より遊びやすいオモチャを作りましょう
  • 安全なオモチャにする。毒性があったり危険な成分が入っているモノは、オモチャの材料として適していません。また何か尖っている場所がないかも確認しておきましょう。

愛犬がインタラクティブなオモチャで遊んでいるときは、常に気をそちらに向けておきましょう。また長時間の遊びは逆にストレスやイライラの原因となりますので、1日10分以内に留めておくよう徹底しましょう。あと、ご褒美として愛犬のお気に入りのオヤツを買うのもお忘れなきよう。

お家で作れるインタラクティブなオモチャ

ここではお家にあるものをリサイクルして作れる遊びのアイデアを5つご紹介します。

  • 探索。これは一番基本で、かつ簡単な遊びではないでしょうか。オヤツをいくつか床にばら撒き、愛犬にそれを探させるのです。この遊びの最中には、愛犬に命令したりせず、存分に五感に集中してもらいましょう。最初は簡単なレベルから始めて、愛犬がそれに慣れてきたら段々と難易度をあげていきましょう。
  • 新聞紙にオヤツを入れる。古紙にオヤツを包んで、それをボール状にして丸めましょう。一見どんな紙でも良さそうに思えますが、新聞紙の紙は薄くて、仮にオヤツと一緒に飲み込んでしまってもさほど危険ではないので、やはり新聞紙がオススメです。この遊びでは、中に入れるオヤツの量や、新聞紙を丸める強さで難易度を調整することができます。ですので、もし愛犬がこの遊びに慣れてきたら、新聞紙をもっと強く丸めて中に入れるオヤツの量も少なくしていきましょう。

リサイクルで作れるオモチャ

  • 箱にオヤツを入れる。私たち人間は、箱なんて容易く開けることができますが、ワンちゃんにとっては大仕事です。そこで、箱の中にオヤツを隠して、ワンちゃんにその中に入ってオヤツをとってきてもらいましょう。もしこれが簡単すぎるなら、箱を上下逆さまに置いてみても良いかもしれません。これなら、箱をどうやってひっくり返すか考えなくちゃなりませんからね。
オモチャ の前に座る犬 インタラクティブ

  • ボトルにオヤツを入れる。まず空になったプラスチックボトルを綺麗にしましょう。次に、そのボトルを転がしたらオヤツが出てくるように、いくつか穴を開けてから中にオヤツを入れましょう。ここで一つ思い出してください。そう、オモチャは安全でなければならないのです。特に穴を作る際には、尖った場所が生まれやすいのでしっかり最終確認を行ってから遊ばせましょう。またボトルの首辺りにあるプラスチックのリングもとっておいてください。
  • 吊り下げボトル。これは、ボトルの中に入っているオヤツを出すためにはどうやってボトルを揺らせば良いか、を愛犬に考えさせるゲームです。まず、空のプラスチックボトルを3つ用意しそれを吊り下げます。ボトルの側面から棒をを入れて、その棒を飲み口が上に向いた状態で吊り下げると良いでしょう。あとはボトルにオヤツを入れておいておくと、ワンちゃんは「どのようにボトルをスイングさせたらオヤツが落ちてくるか」を考えざるおえなくなる、という寸法です。

インタラクティブなオモチャは、健康にも非常に良い遊びを生み出してくれます。愛犬の能力に自在に合わせることができますので、どんなワンちゃんでも常に楽しむことができます。きっと愛犬のムードも明るくなり、強い絆を育む助けになってくれるでしょう。