ペットのちょっとした健康トラブルに使える自然療法

2019年10月3日
化学物質を含まない自然療法は、下痢、便秘、嘔吐、お腹にたまるガスなどの症状を助けます。

道に落ちているゴミや他の動物と触れることから免疫力が低下しているときなどは、ペットも健康トラブルに悩まされることがあります。このようなとき動物病院に連れて行きがちですが、ちょっとした健康トラブルに有効な自然療法も実はたくさんあります。本記事ではそのような自然療法をご紹介していきたいと思います。

 

ペットの薬や自然療法

下痢

下痢は人間も動物もなる一般的な症状です。あまり深刻ではなさそうですが、事実、治療せずに放置しておくと脱水症状や死に至ることもあります。通常は細菌、ウイルス、寄生虫、または腐った食べものなどが下痢を引き起こします。

ペットが下痢をしてしまった場合、まずは何も与えないようにしましょう。獣医から処方してもらった薬も症状を悪化させる可能性があるため、与えないようにします。絶食中に不快感やガス(あるいはお腹の音)が唯一の症状であれば問題はありません。

しかし、発熱、気分のむら、震え、出血などが見られた場合はすぐに動物病院に行きましょう。

一般的な下痢であれば、塩を一切使っていない野菜や鶏肉といった餌を与えることから始めましょう。米は体内の水分を多く吸収してしまい脱水症状を起こしかねないので与えてはいけません。

新鮮できれいな水を飲める状態にしておき、十分な水分摂取が出来ているか確認します。レモンを数滴、カモミール、またはミントの葉を少し加えることで回復が早まります。

便秘

次は便秘についてですプロバイオティクスには下剤の効果があるため、排便が促されます。しかし、それでも48時間以内に排便がない場合は獣医に診てもらいましょう。

ペットにもアロエ ペット 自然療法 

合わせて読みたい『愛犬や愛猫が下痢をした時の対処法

アロエベラは便秘に有効で、簡単にペットにあげることができます。アロエを数滴飲み水に混ぜてあげるだけです。体調がすぐれないため水を飲みたがらない可能性もありますが、その場合はシリンジやボトルで水を飲ませてあげてください。

お腹のガス

犬や猫もお腹のガスで苦しむことがあります。これは特定の食物への不耐症や餌の与え過ぎ、あるいは質の低い餌を与えていることが考えられます。食べている食物を吸収できていない状態です。

犬の飲み水や餌にハーブを入れるといいでしょう。お腹のガスに効くハーブにはアニス、ミント、フェンネルシード、セロリなどがあります。

嘔吐

犬と猫ははっきりとした理由がなくても吐くことが多いものです。これは食べものを消化する上で正常なことです。しかし、頻繁に嘔吐する場合は中毒や寄生虫など何らかの異常があると考えられます。

犬の嘔吐 ペット 自然療法 

関連記事『老犬によく見られる病気

最初に行うべきことは柔らかい餌に変えることです。また、レモンバーム、アニス、ミント、ショウガなどのハーブを水や餌に入れてあげるのもいいでしょう。

このようなペットの自然薬はご自宅で簡単に作ることができます。スーパーなどですぐに見つけられる植物が少し必要なだけです。自然療法は化学物質を含むお薬よりペットの体には優しいのです。

注意点もあります。どんな病気であっても深刻でない時期はあります。いつまでも症状が続く場合はすぐに動物病院に連れて行き、何が原因なのかを突き止めるようにしましょう。