ペットが長寿に一役買うってホント?:気になるウワサ

· 2019年4月19日
ペットが私たちに与えてくれるエネルギー、愛情、そして忠誠心は、人間の心身の健康に良い影響を与えると考えられています。

ペットを飼うことによる良い影響は様々な場所で議論されているトピックですが、長寿と関連づけて考える人も少なくありません。

長寿の秘訣とペットとの関係について気になっている人は、ぜひこのままご覧ください。

ペットが長生きをサポートすると言われる理由

ストレス解消

ペットと暮らす生活は人間のストレスを軽減することがいくつかの研究から明らかになっています。

またストレスの多い状況やストレスの原因となる問題に直面した時も、ペットと暮らす人はより簡単に、そして迅速にストレスから回復することもわかっています。

バージニア大学で行われた研究によると、ペットとの生活がは仕事関連のストレスを緩和するのにも役立つと発表されました。この研究では、職場にペットを連れて行くことで、ストレスに関連するホルモンを減らすことが証明されました。

孤独を軽減

一人の時間は悪いことではありませんし、孤独そのものは死に至る危険な問題ではありませんが、配偶者を失った後にすぐに死亡した高齢者のケースなども発表されているため、孤独が健康に有害となりうると考えられています。

猫と遊ぶ女性 長寿   ペット   関係

ペットとの暮らしは、孤独が原因で起こる心身の健康問題を予防するのに役立ちます。

ペットとの会話は社会との関わりと呼ぶことはできませんが、ペットが自分の話を聞いてくれるという事実が、心を満たして気分を改善する効果が期待できます。

こちらもご参考に:孤独を解消するペットとの暮らし

病気を発症するリスクを減らす

多くの医者や科学者は、ペットを飼うことが心臓の病気や、喘息をはじめとする呼吸器系疾患に良い効果をもたらすと言います。

ペットと育った子供は、喘息やアレルギーを起こしにくいと言う説もあります。

そのため、大人になってからでもペットと暮らすのが良い健康効果をもたらすとも考えられます。

10年間で合計4,435人の健康が追跡調査した研究によると、猫や犬と暮らしている人は、ペットがいない人よりも心臓発作のリスクが40%低いことがわかりました。

ペットを飼っているか、または心臓発作を起こしたことがあるかどうかに関わらず、ペットと暮らす人は何か病気を発症した時にも、回復が早く、様々な病気からの生存率が高くなるとも言われています。

これはペットへの愛情、そしてペットから与えられる愛情や忠誠心が人間の生命力を高めて活力を補給し、生きる力を与えるのに役立つからだと考えられています。

そして、ペットは自分に依存して生きているため、飼い主の自分がいないとダメだと考える気持ちが急速な回復を後押しするとも考えられます。

さらに、飼い主がペットと遊んだり散歩するなど、ペットと一緒に行う様々な身体活動が、病気などの回復期に良い運動やリハビリとなり、回復を促進すると言えるでしょう。

こちらおご参照を:子犬と運動!楽しみながら子犬と体を動かそう!

飼い主と一緒に運動する

運動が私たちの健康維持に欠かせないことは周知の事実ですが、それを実践できない人も少なくありません。

しかしペットを飼うと、ペットを運動させなくてはいけないという気持ちや、ペットを喜ばせたいという気持ちから、自分一人ではできない運動を自然と行うようになります。

ペットとの暮らしが始まると、走る、散歩に出かける、そしてペットと遊ぶなどの身体活動が自然と増えて健康維持に役立ちます。

犬とジョギング 長寿   ペット   関係

ペットと一緒に行う身体活動により、座りがちな生活を送っている人は特に、自然に運動する健康的な生活へと改善されます。

座りがちな生活は、私たちが考える以上に不健康ですが、ペットはこのような悪い生活習慣を改善するのに役立ちます。

ペットを飼うのには責任が伴うため、慎重な判断が必要です。

しかしペットを迎え入れると決意するときや、どうしたらいいか悩んでいるときは、ペットとの暮らしが私たちの生活の質を改善してくれる素晴らしいものであることを思い出してください。

ペットが私たちに与えてくれる無条件の愛と忠誠心は、健康状態を向上させ長生きに役立つでしょう。