猫のブドウ膜炎:その原因や症状、治療について

2019年2月8日
猫の眼や視力の問題で一般的なのがブドウ膜炎です。本記事ではこの病気について詳しくご紹介します。

眼の中に炎症を起こす疾患の一つであるブドウ膜炎は猫に見られる疾患で、通常はウイルス性疾患は致命的な疾患、例え水晶体の問題であれば白内障形成、緑内障、網膜剥離、失明などの問題を引き起こす可能性があります。

多くの人が猫の美しい目に魅了されていると思います。吸い込まれるような猫の美しい目を維持するためにも、飼い主は責任を持って猫の世話、そして眼のケアを行いましょう。

猫の眼や視力の問題で一般的なのがブドウ膜炎です。本記事ではこの病気について詳しくご紹介します。

猫のブドウ膜炎とは?

猫のブドウ膜炎は猫によく見られる眼科疾患で、ウイルス性疾患や白血病などの致命的な病気を引き起こす可能性があります。

また同時に、ブドウ膜炎は傷やあざにも関連しているため、事故にあったり何かにぶつかったり、また他の猫と喧嘩をして怪我をした猫は、他の疾患を発症していないのにぶどう膜炎を発症することがあります。

猫のぶどう膜炎の原因

ブドウ膜は眼の血管組織で、虹彩と毛様体、脈絡膜を指します。内側の流体を保護する膜のような免疫バリアです。

猫の目

血管組織では、ウイルス性疾患やその他の疾患がこれらの組織に変化を引き起こすのが一般的で、これにより涙や炎症を引き起こす可能性が高まります。

こちらもご参考に:猫の気持ちが分かる6つの表情

猫のブドウ膜炎の症状と診断

猫の飼い主は多かれ少なかれこの病気の症状に気づくと思います

これから紹介する症状や行動のうちのどれか1つを見つけたら、すぐに獣医師の診察を受けてください。

  • 光感受性を表す
  • 痛みや涙
  • 視力の悪化
  • 眼球の房水における汚れやしみのようなマーク
  • 涙管内またはまぶたの内側の膿
  • 目の色の変化
ブドウ膜炎

猫がブドウ膜炎を発症しているのか、または結膜炎のような他の疾患を発症しているかを判断するのは獣医師や専門の医師です。

決して自己判断を行なってはいけません。

ご存知ですか?ネコに与えてはいけない食べ物って?

猫のブドウ膜炎の治療

獣医師や専門医によりブドウ膜炎と診断を受けたら、以下のような治療を行います。

まずコルチコステロイドを投与して炎症の原因を根絶し、次は抗炎症薬などを使って、痛みや腫れなどの病気の二次的な影響を軽減します。

これらの治療法は眼内の炎症を伴うさらなる合併症を回避するための基本です。

合併症には白内障、緑内障、網膜剥離、失明などの水晶体の問題が含まれています。

また同様に、早期発見と早期の治療開始が症状の改善に大きな影響を与えます。

初期段階で発見されたブドウ膜炎の治療が容易であるのと同様、物理的な外傷が原因で起こる場合も治療が容易であることを覚えておきましょう。

つまり猫の健康と幸せを維持するためには、常に猫の行動に注意し、何か変化があった場合は獣医師の診察を受けるように心がけてください。