犬がけいれん発作を起こしたら?適切な応急処置とは?

2019年8月1日
けいれん発作にはあらゆる要因が考えられます。中には実際に病気の症状であることもあるので注意が必要です。

けいれんは神経系の障害によって引き起こされ、運動障害として、そして場合によっては意識の喪失として現れます。犬がけいれん発作を起こしたら、すぐに動物病院に連れて行き健康診断を受けさせることが重要です。

けいれん発作は何らかの病気だと信じる人もいますが、それは間違いです。けいれんはあらゆる要因が原因となり起こるのです。しかし、中には実際に病気や病気の症状であることもあります。そのため、獣医師による診断で発作の原因と適切な治療法を突き止めましょう。愛犬が発作を起こしたらどうするかを飼い主は知っておく必要があります。そして、その治療は犬の健康状態と改善状態によって変わってきます。今回は愛犬がけいれん発作を起こした時の対処法を詳しく見ていきましょう。

なぜ犬はけいれん発作を起こす?

けいれんの原因は外傷性あるいは先天性である可能性もありますが、薬のような外部からの刺激により引き起こされることもあります。

痙攣の対処法 犬 けいれん発作 応急処置

出典: Garen M.

  • 頭に大きな怪我をした場合、けいれんを起こすことがあります。この場合、考えられる発作の原因として外傷のことを獣医に伝えましょう。

獣医師は外傷の程度を評価するためにも脳検査を行うと考えておきましょう。

  • 代謝性疾患。いくつかの代謝性疾患はけいれん発作と関係があることが分かっています。また、肝炎、低血糖症および低カルシウム血症を含むホルモン障害にも関連しています。

関連する甲状腺の問題でもけいれん発作は起きます。

  • 感染症または中毒。犬が発作を起こしたら、感染症を除外することが重要です。感染症の1つに髄膜炎があります。

薬物や薬物中毒もけいれんの原因になることがあります。

  • 犬の乳房腫瘍、変性疾患、その他の疾患は専門家以外に診断はできません。また他の多くの理由からも、犬が発作を起こしたら専門家の診断が必要になります。

一般的にいくつかの慢性変性疾患と脳腫瘍はけいれんと発作に関連していることがあります。

  • けいれんは先天的な要因に起因していることがあります。いくつかの犬種にある脳奇形は、発作やけいれんを起こしやすいことが分かっています。

てんかんにもなりやすい水頭症はチワワ、ヨークシャーテリア、プードルなどによく見られます。

合わせて読みたい:犬のてんかんってどんなもの?治療はどうする?

犬がけいれん発作を起こしたときの対処法

発作前

犬が発作を起こしたら、すぐに専門家に連れて行くことが重要です。また、神経障害が疑われる場合も同じです。

例えば、大きな外傷や怪我をした場合、すぐに動物病院で診てもらいましょう。(発作を起こしていなくてもです。)

発作には次の3つのステージがあります。

  • 第1ステージは、感情的な反応とよく間違われます。犬は震えて神経質になり、唾液が過剰に分泌されます。このような症状は最長で2日間続き、断続的に現れることがあります。
  • 第2ステージは危機と関連しています。犬が発作を起こすと、筋肉が収縮し、体が不意に震えます。場合によっては、意識を失うこともあります。
  • 最後に、発作が収まると、犬は徐々に回復します。少し混乱した様子が見られるかもしれません。

発作中

  • 愛犬が発作を起こしたら、落ち着いて行動することが重要です。犬の周囲から物をどけ、発作中に怪我をしないようにします。
  • 犬を抱き上げようとしない。抱き上げる代わりに、枕やクッションを犬の周りに置き、怪我をしないようにします。
  • 音や光の刺激は状況を更に悪化させる可能性があるため避けるようにしましょう。また、犬を布で包んだり、水や食べ物を与えたりすることも避けましょう。
  • 犬から目を離さないようにしましょう。頭が後ろに倒れ、舌が口から出てしまうと窒息する可能性があるため、そうならないように見守ります。
動物病院 犬 けいれん発作 応急処置

合わせて読みたい:てんかんを抱える犬のケアについて

発作後

  • 発作が収まったらすぐにかかりつけの獣医に連絡を取ります。その後の対応について助言を仰ぎましょう。
  • 獣医に次のような質問をされても答えられるようにしておきましょう。発作を何回起こしましたか?どのぐらいの時間続きましたか?発作の前に何が起きましたか?
  • さらに、現在治療中であるかを獣医に知らせます。あるいは、頭への怪我の有無も伝えましょう。
  • 発作から回復中は、ゆったりとした空間を作ります。もし気を失ってしまったら、目を覚まさせるようにします。いかなる状況下でも獣医の指示や監視なしに犬に薬を与えることはやめましょう。
  • 獣医は発作の原因や治療法について助言してくれるでしょう。通常、けいれん発作はてんかんと関連がありますが、てんかんを持っていなくてもけいれん発作を起こすことはあります。