犬の頬ひげは何の為にあるの?

2018年10月25日
動物の話になると、たくさん疑問が浮かび上がります。例えば、犬の頰ひげは何の為にあるの?などが挙げられます。もちろん、理由があるから存在するのでしょう。そんなの世界中の全てのものがそうですよね?

犬には第六感があります。この第六感は 頬ひげ と深い繋がりがあります。犬の頰ひげを切ったことがある人は、頰ひげを切ると犬がこの能力を失ってしまい、犬を不安にさせてしまうということをよく知っていることでしょう。

頬ひげ :重要性

犬の頰ひげを切る習慣を持つ人はたくさんいます。動物にとって危害になるというわけではないですが、第六感を失ってしまうということは真実です。 なので、私たちは頰ひげを切っているのと同時に、犬の狩りをしたり、遊んだりする能力を取り上げてしまっているということになります。

犬の頰ひげは一般の毛と比べて、3倍の深さに根ざしており、2倍の太さがあります。そのおかげで、犬は自分の周りの世界がどんなものかの理解をすることができます。犬の視力、認識力というのもは私たちと同じではないということを忘れないようにしましょう。

こういった頰ひげの特性に加えて、まつげとしての働きもしてくれます。目の上にはありませんが、犬にまつげはありません。しかし、目の上の頰ひげは保護としての働きをします。

犬の頰ひげは何の為にあるの?

この頰ひげが犬と外の世界の関係を助けているのかということについて掘り下げていきましょう。頰ひげは情報を収集し、犬に距離の感覚を与えます。ですので、頰ひげは虫のアンテナのように働くというふうに考えることができるでしょう。触られたことに対しても反応をし、触られると直接身体の他の部分に影響を与えます。

犬の 頰ひげ は情報を収集します

犬の種類によっては頰ひげを切った方がよいとアドバイスをするトリマーもいます。しかし、あなたの犬の感覚的情報量は減ってしまうので、犬の健康を考えると、飼い主であるあなたが切るかどうかの決断をしてください。

犬の頰ひげを切ると、犬はシャイになったり、怖がりになったり、または自分に自身がなくなったりします。また、歩く時の情報収集ができないため、変な動きをしてしまうかもしれません。

なぜ犬の頰ひげは触られると反応する?

犬の接触の感覚は、毛包に蓄積された皮膚の受容体に見受けられます。犬の毛は触覚の毛とも知られており、五つのグループに分けられます。それは表面、顎、頬骨、唇、そして下顎です。

犬の毛は触覚としても知られます 頬ひげ

犬の頰ひげはこういった触覚の毛の一つです。もっともよく知られているのは、下顎の毛ですが、目や身体の他の部分にもあります。

こういった触覚の毛はどうのように働くのでしょうか?深くに根ざしている毛ですので、触られた時に近くの部分の身体全体に刺激を伝え、反射作用を起こします。

犬は、ぶつかるかもしれない障害物の距離を知ることができるので、暗闇でとても役に立ちます。これがあなたがものを掴みながらでないと歩けない暗闇でも、犬は歩けることができることの理由です。

ご存知のように、全てには理由があります。それは犬の頰ひげも同一です。果たして無理に頰ひげを切ってあげる必要はあるのでしょうか?