犬の皮膚の下にこぶが出来るのはなぜ?理由と危険性

· 2019年5月1日
こぶの種類について学びましょう。多くの場合は深刻なものではありませんが、もしもの場合に備えてすぐに獣医のアポイントメントを取るようにしてください。

犬を触ったりグルーミングをしている時に、皮膚の下にこぶがあるのに気づいたことがあるかも知れません。出来るだけ早く獣医師に見せた方が良いですが、ほとんどの場合は深刻なものではありません。

こちらもご覧ください ペットの健康診断をしていますか?

 

異なる原因と問題

こぶの原因は様々ですし、専門家が原因と治療法を判断します。

どんな場合も、早めに獣医師の診察を受けて治療を始めた方が良いです。ほとんどの場合は最初の診察でこの先の治療法を判断することが出来ますが、細胞診や生検をする場合もあります。

こぶの種類について学びましょう。多くの場合は深刻なものではありませんが、もしもの場合に備えてすぐに獣医のアポイントメントを取るようにしてください。

こぶの診察 犬   皮膚の下   こぶ

こぶが出来る理由

次がその例です。

・予防接種。予防接種の後に小さく硬いこぶが注射した周辺に出来ることがあります。数日で自然に消えます。

・こぶとあざ。どこかに事故などでぶつけた場合、あざと共にこぶが出来ることがあります。数日、または数時間で消えます。

・その他の怪我。虫に刺されたり、または傷が感染症を起こして膿瘍が出来たりします。

こちらもご覧ください 事故にあった野生の小鳥に正しい方法でえさを与えてみよう

 

その他の理由

良性のしこり以外に、皮膚嚢胞や脂肪腫があります。場合によっては簡単な手術で取り除かなければならないこともあります。

またしこりが出来る原因となる丘疹という皮膚の怪我があります。アレルギー、刺激物質や有害物質にさらされる、卵胞性感染症などが原因となって形成される小さな腫瘍です。

イボがあるかどうかにも注意をしましょう。普通は良性のものですが、年を取ったり免疫の弱い犬にとっては問題となることもあります。

怪我 犬   皮膚の下   こぶ

 

危険を伴うこぶ

こぶによっては悪性の腫瘍である可能性もあります。

乳がんこれは去勢されていないメスに時折みられる病気です。

血管肉腫。この病気のサインの1つは、皮膚上、または表面上は分からなくても皮膚の下に出来る赤や黒の小節(できもの)です。

線維肉腫。これは背骨、頭蓋骨、骨盤周辺に小さなこぶが出来ます。

扁平上皮癌。これは痛みが治らず、また小さなこぶが現れたりもします。

肥満細胞腫。犬の体を細菌や遺物の侵入から守るよう作られた細胞から形成されます。硬い、もしくは柔らかいこぶが出来ます。

今回の場合もそうですが、やはり治療する前に予防をすることが大切です。時々体をチェックするようにしましょう。そうすれば病気の兆候や行動の変化を早めに察知することが出来ます