わたしの愛犬も去勢手術をした方がいいの?

2018年11月11日
専門家に任せるだけでなく、あなた自身が去勢手術についてよく知る事が非常に重要です。

去勢手術はペットにとってメリットがある行為です。健康と安全のために多くの人は飼い始めた直後に、すぐベットを去勢します。しかし、本当に去勢手術はペットにとって良いことでしょうか?去勢手術に関するメリットとデメリットを一つ一つ詳しく見ていきましょう。

ペットを飼うことには常に責任が伴います。犬や猫を飼うときは獣医に連れて行くことが大切でしょう。その際、飼い主が愛犬を去勢させるか検討することも一般的です。去勢手術は、とりわけ動物が増えすぎるの防ぐために行われています。

今では過剰に増えすぎたために、毎年何千もの動物が放棄されています。間違いなく、去勢手術はこの問題をコントロールする上で重要な役割を果たしています。また、去勢手術を実行するにはいくつかの手順を踏んで行われなければなりません。

ペットの飼い主は去勢手術による効果について事前に十分に知っておく必要があります。

一般に、去勢の推奨年齢は生後6ヶ月から8ヶ月です。去勢手術の後、動物の振る舞いの変化を感じます。手術を行う前に獣医はあなたにどのような変化があるのかを知らせてくれるでしょう。

去勢手術はペットにとって良い選択か?

去勢手術には以下のような多くのメリットがあります。

上目遣いで見つめる犬

・去勢手術によってオスの精巣がんのリスクを取り除きます。この致命的な病気は睾丸を取り除くことによって予防されます。精巣がんは高齢のオスの犬、及び猫によく見られる病気です。

・卵巣除去は、メスの子宮がん及び他の関連疾患の発症を防ぎます。

・去勢手術はオスの前立腺の問題を少なくします。前立腺疾患を100%排除するものではありません。しかし、前立腺がんを発症する可能性をかなり低下させます。

・卵巣の除去は月経出血によるトラブルを解消します。またメスが経験する月経による様々なトラブルを防ぎます。

・犬や猫の去勢を行う事は、想像妊娠を予防するのにも役立ちます。想像妊娠はメス犬において非常に一般的です。

・去勢後、絶え間なく自分のテリトリーにマーキングする必要性を感じないため、犬の排尿排便の頻度は減ります。これは家の中で犬を飼っている飼い主にとって大きな救済策です。

・ペットの脱走の習慣を減少させます。去勢した後は、犬や猫は他の動物を追いかける必要性を感じません。これもまた去勢の大きなメリットの1つです。

専門家は、去勢は非常に有益であると結論づけています。去勢手術を行えば、動物が脅かされている深刻な健康問題を予防することができるかもしれません。

去勢手術のデメリット

去勢手術にはいくつかのデメリットも存在にします。以下にいくつかの例を紹介します。

・多くの動物は去勢された犬や猫に友好的です。しかし、去勢された動物に対して攻撃的になる動物もいます。

・去勢した動物は通常よりも大きくなる可能性があります。

・去勢手術は、骨肉腫や2種類の致命的な癌などの疾患発症するリスクを高めます。

・生後5ヶ月になる前に去勢された犬また猫は、股関節形成異常及び頭蓋十字靭帯破裂を起こす可能性がより高くなります。また、このような病気は大きな合併症を引き起こす可能性があります。

・去勢手術をした犬や猫は甲状腺機能低下症を発症するリスクが高いです。

・食欲及び新陳代謝にも影響を及ぼす可能性があります。

獣医に口を見せる犬 去勢手術をした方がいい

「去勢手術はペットにとって良いのか。」という質問に関する答えとして、多くの専門家が去勢手術はデメリットよりもメリットがたくさんあると言っています。しかし専門家に任せるだけでなく、あなた自身が去勢手術についてよく知る事が非常に重要です。

去勢手術を行うときは、獣医としっかり話し合ってください。病院では常に専門的な立場での見解を提供してくれます。また、愛犬の特別なニーズに関して獣医から適切なアドバイスを得ることができます。

また、去勢手術は行動や振る舞いの変化を引き起こすことを忘れないでください。去勢されると、動物は今までとは違った動きをする傾向があります。去勢手術にはこの大きな生理学的変化が伴うことを忘れてはいけません。動物が変化に自然に慣れるのには時間が必要なのです。