ネコの呼吸障害について:原因とその対処法とは?

2019年11月17日
ネコに呼吸障害がある場合、アレルギーから感染症まで、原因にはさまざまなものがあります。この記事では、ネコの呼吸障害にさらに焦点を当てていきます。

他のペットと違い、ネコの呼吸障害は深刻な健康問題につながるリスクがあるということを知っておくのは大切なことです。この記事では、その様々な原因と対処法について詳しく見ていきます。

ネコはどのように呼吸しているの?

ネコの呼吸障害の原因と解決法について詳しくお話する前に、ネコがどのように呼吸しているのかを知っておくことが大切です。そうすることで、ネコの行動の異変に気づいたら、すぐにそれがわかり対応できるからです。

例えば犬や人間などの他の哺乳類と違って、ネコは鼻からしか空気を吸い込むことができません。ネコの気管は優性と劣性の2つの部分に分かれています。つまりネコの口はネコの呼吸システムに全く関係がないのです。

気を付けておくべき症状のいくつかを以下に挙げました:

ネコ 呼吸

これらの症状がどんどん頻度が上がっていることに気づいたら、すぐに行動しなければなりません。ベストな解決法は、まっすぐ獣医さんのところへ行くことです。

ネコの呼吸障害:原因

ネコの呼吸に悪影響を与える原因にはさまざまなものがあります。最もよくあるもので、主な原因の一つが、ネコ呼吸器病症候群です。これはネコの呼吸器系を攻撃する一連の病気のことを指しています。普通は、その原因は以下の二つのウイルスのどちらかです。それはヘルペスウイルスか、ネコカリシウイルス(FCV)です。

これらのウイルスは気管の上の方、目や鼻、口、舌、喉などを攻撃します。呼吸の問題を引き起こすだけでなく、この部分に炎症を引き起こします。同時に、この炎症を和らげようと唾液や粘液、涙などが多く出るようになります。これらの体液は他の動物に感染症をうつしてしまう格好の手段になってしまいます。

シェルターやブリーダーの元で集団生活をしている子猫は特に感染のリスクが高く、治療されないままだとネコ呼吸器病症候群により死に至ることもあります。

ネコの喘息も、呼吸障害のよくある原因の一つです。これは有害な物質や炎症を引き起こす物質による気管支梢の炎症から起こる傾向にあります。ネコの喘息は呼吸の問題、激しい咳、そして荒い呼吸を引き起こします。

ネコ 呼吸障害

上で述べたように、ネコの呼吸障害につながる恐れのある原因はたくさんあります。以下は簡単なまとめです:

  • アレルギーによりネコの呼吸が変化する可能性は大いにあります。
  • 肺吸虫などの寄生虫で、ネコの呼吸器系に入り込むものもいます。
  • ネコが誤って異物を飲み込んでしまった場合、呼吸に影響が出る恐れもあります。

ネコに呼吸障害が発生したら、どうすればいいの?

上でお話したようなサインが現れた場合、最もいい行動は信頼できる獣医さんにすぐに連れていくことです。これらの問題の多くは事態がすぐに深刻化する恐れがあります。ですので、素早く対応すればするほど、ネコが回復する可能性が高くなるのです。

獣医さんに連れて行ったら、その原因によって必要な医療的手段が取られるでしょう。抗生剤やその他の特別な薬が必要なケースもあります。喘息の場合は、吸入器が使用されることもあります。

ネコの飼い主については、予防を行うこと以外にできることはあまりありません。例えば、ネコの免疫系を強化したり、良い食事を与え、ワクチンをスケジュール通り打つことなどです。

  • Gómez, N., Pisano, P., Castillo, V., & Fontanals, A. (2012). Asma felino: fisiopatología, diagnóstico y tratamiento. InVet14(2), 191-207.
  • Cohn, L. A. (2011). Feline respiratory disease complex. The Veterinary clinics of North America. Small animal practice41(6), 1273-1289.
  • Azócar, L., Tamayo, R., & Thibaut, J. (2008). Estudio retrospectivo de las enfermedades respiratorias en felinos diagnosticadas clínicamente en el Hospital Veterinario de la Universidad Austral de Chile, Valdivia, durante el período 1997-2004. Archivos de medicina veterinaria40(3), 289-294.