ペットにより自然な食事を与える方法とは一体なに?

2019年4月21日
「私たちが口にするものが私たちの体を作る」と言われますが、これはペットの食事と健康にも当てはまります。

生き物の食事は体の内と外の両方を健康にするのに必要な栄養をすべて補うものであるのが理想です。

市販されている健康に良いペットフードもありますが、ペットにより健康的で自然な食事を与えるためにはどうしたら良いのでしょうか?

ペットにより自然な食事を与える方法

本記事ではこれまでに、ペットの健康に良い様々な食事法をご紹介して来ました。

ペットというのは、人間とは異なる食事を行いますが、人間と非常によく似た食事を摂取する動物であり、ペットのそれぞれにとって有害なある特定の食品を食べないようにする限りは、人間が食べる食品を共用することができます。

ペットにおすすめの果物や野菜はたくさんあり、どれもペットの健康維持に欠かせません。

どれがペット向けで、どれがペット向けでないかをしっかりと理解することで、より自然な食事を提供するのに役立ちます。

犬と猫が一緒に食べている食事

ペットのための最高の自然食品とは?

鶏肉

市販されているペット向けの多くの加工品が、鶏肉を主成分としています。

そのため、鶏肉を自宅で調理してペットに与えることで自然な食品を与えるのに役立ちます。

生の鶏肉を与えず、脂肪分の少ない鶏肉を選んで、塩などの調味料を加えずに調理してください。

ペットの食事に健康的なタンパク質を加える良い食品です。

食卓にいる黒のラブラドール

犬も猫も鶏肉が大好きですが、与える前に必ずほぐして、骨が含まれていないことを確認してから与えてください。

鶏肉の骨は、ペットが喉に詰まらせると死に至る危険もあるため、細心の注意が必要です。

猫が大好きなことで知られる魚ですが、実は魚が大好きな犬も多くいます。

タンパク質に加えて、必須脂肪酸を豊富に含む魚は、より自然な食事に最適です。

鶏肉の調理と同じように、余分な脂質や塩分を加えずに調理をした後、必ずすべての骨や皮の部分を取り除いてペットに与えてください。

魚を食べる犬 ペット 自然な食事  与える方法

果物と穀類

ニンニクやタマネギ以外の、ペットに最適な特定の野菜と米やパスタを組み合わせた料理はペットの食事に最適です。

オリーブオイルを加えることもできますが、犬には特にトマトソースやトマトを与えてはいけません。

イチゴを見つめるパグ ペット 自然な食事  与える方法

リンゴ(種を取り除いたもの)やバナナは、猫と犬にお勧めの果物です。

ブドウ、レーズン、チェリー、アボカドなどをペットに与えるのは避けてください。

こちらもお試しください:犬用サラダのレシピ!愛犬にホームメイドでヘルシーなご褒美

ヨーグルト

猫も犬もどちらもミルクが大好きです。

飼い主がヨーグルトを食べている時には、その容器を舐めたがる犬もいるでしょう。

ヨーグルトは頻繁に与える食品ではありませんが、時々与えるのには良い食品です。

ご存知ですか?:お家で出来る犬用アイスクリームの作り方

ヨーグルトを舐める犬

野菜

ペットにお勧めの野菜は多くありますが、野菜はペットの主食にはなりません。

犬の場合は特に、肉や魚などの動物性タンパク質が主な栄養源でなければなりません。

ただし、肉類と一緒に野菜を混ぜることで、食事に風味が加わり、ペットが喜んで食べる美味しい食事になります。

野菜とゴールデンレトリバー ペット 自然な食事  与える方法

鶏肉や魚のように、野菜もしっかりと柔らかく調理してください。

ペットが噛むことができる柔らかさを保つことで、消化が容易になります。硬い野菜はお勧めできません。

ピーナッツ

ピーナッツは、ペットに人気のおやつの一つです。

脂肪分が多い食品なので、頻繁に与えたり、大量に与えるものではありませんが、おやつとして少量を与えるのにはおすすめの食品です。

砂糖や塩分が添加されていない天然のピーナッツバターを使えば、美味しいペット用のクッキーを手作りすることができます。

ペット用のピーナッツバターの作り方

  • 天然のピーナッツバターと小麦粉を用意します。
  • 水を少し加えて生地を作ったら、180℃のオーブンで焼きます。

今回ご紹介したように、化学物質が含まれる市販品を避けて、より自然な食べ物をペットに与えることはさほど難しいことではありません。

可能な限り、ペットには自然で健康的な食事を与えたいものですね!