あなたの愛犬に最適な食事とは?

2019年2月5日
愛犬にとって最適な食事を知るためには考慮しければいけない要素がいくつかあります。それは重荷生活スタイル、健康状態、年齢などですが、高価なものが必ずしも健康によいわけではないことも忘れてはいけません。個々の犬に合わせて適切なものを選びましょう。

犬が果物や野菜、米や肉などを必要とする雑食性であることはよく知られています。犬にはさまざまな栄養素が必要ですが、現代の忙しい生活ではペットの食事に時間をかけられない人がほとんどでしょう。

お店に行けば多種多様な既製品のドッグフードが手にはいります。これらの製品は犬に必要な栄養をすべて含んでいるので、愛犬のごはんを作ってあげる時間のないときにはぴったりでしょう。犬の健康に必要な栄養バランスを確保するのに最適な方法のひとつです。

このようなドッグフードで品質のしっかりしたものならば、一般に犬にとって必要とされるたんぱく質やビタミンなどすべての栄養素を提供してくれます。それでは、あなたの愛犬に合っているのはどのようなタイプのものでしょうか?

乾燥タイプ

このタイプのドッグフードは非常に手軽ですが品質にはさまざまなレベルがあります。また愛犬に与えるエサにはできる限り天然の食材も含めるべきでしょう。

ですから、一度立ち止まってこれらのドッグフードの中に何が含まれているか確認してみましょう。人気商品や高級なブランドのフードをそのまま与える前に、その材料に何が入っているのかを知っておくことが大切です。

ドッグフード

製造者はドッグフードに使われている原材料の種類と量をすべて表示する義務があります。

最適な食事:肉類ベースのたんぱく質

さまざまな選択肢を検討するうえで、犬が肉食動物である狼の子孫だということは心に留めておきましょう。ですので、犬には肉やそれに近いたんぱく質を主成分とするエサを与える必要があります。もしも全粒粉が愛犬の健康にもよさそうだと思っているなら、残念ですが考え直した方がよいかもしれません。穀物には犬にとって有益な栄養はほとんど含まれていないのです。

さらに、購入する食品の原材料表示が正確なものかどうか気をつけましょう。たとえば「鶏肉」といっても、新鮮な肉の場合もあれば、余りもののくず肉である可能性もあります。原材料名が正確に表示されている商品を選ぶのがよいでしょう。

年齢に合わせた適切な食事量

はじめに、どのくらいの頻度で犬に食事を与えればよいかを知っておかなければなりません。一般的に言って、4ヶ月前後の犬であれば一日に4回、8ヶ月なら3、4回、一歳半で2回、それ以上なら一日に一回の食事が目安です。

加えて、加工品であれ自然のものであれ、愛犬に必要な食べ物はいつも同じではありません。個々の年齢や条件によって大きく変化します。ドッグフードの中にはとくに子犬向けに作られたもの、大型犬用、中型犬用、小型犬用、などのものもあります。

栄養バランスのよいエサを

愛犬に与えるべきエサの量は、たとえば以下のような条件で決まります。体格、活発さ、生活スタイル(いつも動き回ってカロリーを消費するのか、家で大人しく座っているのか)などです。

ほとんどの専門家が愛犬に与える食べ物は手作りしないほうが無難だと述べています。たいていの場合、家庭で作ったものは必要な栄養素をカバーしきれておらず、さらに炭水化物の摂り過ぎになる可能性が高いといいます。専門家は既製品のエサをバランスよく組み合わせることを勧めています。

もしも愛犬のエサをどうしても手作りするのなら、人間の残り物を与えるのだけはやめましょう。愛犬の条件に合わせた個別のメニューを用意しなければなりません。お宅のペットのための食事を家庭で用意することに決めたのなら内容によく注意を払いましょう。与えすぎてはいけません。家族の他の全員と同じように、あなたの愛犬にも適度な量と栄養バランスの取れた食事が必要です。

妊娠中

もしお家に妊娠中の犬がいるなら、母親になる犬の食事には特別な注意を払ってください。犬の胎児は妊娠初期には成長が早くないため、妊娠から5~6週目まではエサの量をそれほど増やさなくても大丈夫です。胎児の成長のほとんどは最後の3週間ほどに集約されます。

妊娠中の母犬 愛犬 最適な食事

母犬の体調の変化に合わせるために週に15%ずつ与えるカロリーを増やしましょう。これは子育て中も同じです。子犬に十分な栄養を行き渡らせるために、母犬は多くの食料を必要とします。

また子犬の大きさ、数、生まれてからの日数などを考慮しましょう。これらのすべてが母犬の摂取すべきエネルギー量に影響します。