愛犬に普通のドッグフードを食べさせるには?

2019年4月8日
犬の食欲を適切にコントロールするにはウェットフードや人間の食べ物、おやつなどを与えすぎないのがよいでしょう。

愛犬がドッグフードを食べてくれない、これは多くの飼い主が直面している問題です。基本的に犬はえり好みせずたくさん食べる動物ですが、好き嫌いが激しくなるときもあります。

なぜうちの犬はドッグフードを食べないの?

これはペットのこういった問題に出会ったとき、最初に考えなければならない疑問です。ときにはその理由をみつけるのが困難なこともありますが、特にその変化が急だった場合、主な原因のひとつは食習慣の変化でしょう。

飼い犬が普通のドッグフードを食べないもうひとつの理由は、製品そのものかもしれません。動物はよく品質の良くない食品を避けます。ただしこれが一番の原因ということはないでしょう。確かに安価なドッグフードはあまり質の良くないものが多いですが、そのかわりに安くても味を良くするための材料を使っているからです。愛犬の食事にあまりけちけちせず、一番合うものを選んであげましょう。

もうひとつの可能性は食べ物を与えすぎていることですが、その場合は犬は肥満などの病気になる可能性が高くなります。他にエサを食べない理由としては、飽きが考えられます。ですから、うまく食事をさせるためには環境を工夫して愛犬の興味を惹かなければなりません。このことは人間の残り物を食べさせていると、犬は普段のドッグフードよりもそういった間食の方を好むようになりがちだということでもあります。

ドッグフードを食べさせるには 犬  ドッグフード  食べない

愛犬がごはんを食べないときはもしかしたら病気かもしれない、ということは忘れないようにしましょう。飼い主はどういった場合に動物病院に連れて行くべきか知っておかなければなりません。もし愛犬が食習慣の変化もなく急に食欲を失ったり、気分の不規則な変化やその他の症状が見られるなら、病気の可能性が高いといえます。

ドッグフードを食べさせるには?

飼い犬にドッグフードを食べさせるには、改めて毎日の食生活の中で徐々に定着させていかなければなりません。そのためには質の良いドッグフードを与えましょう。

最初にすべきことはウェットフードやおやつ、家で作ったものや残り物などの間食をなくすことです。もし飼い犬の食事の一部がそれらに依存しているのであれば、最初はドッグフードと組み合わせて与え、少しずつドッグフードの割合を増やしていきましょう。

愛犬に必要なエサの量をあらかじめ計算しておき、最低でも一日に2回に分けて決まった時間に与えましょう。可能であれば朝と夕方に分けるのが望ましいでしょう。もし犬が食べなかったとしても30分後には皿を片付け、それを毎日繰り返します。

愛犬に合うエサを選ぼう 犬  ドッグフード  食べない

飼い犬がドッグフードを食べるようになるために

おそらくもっとも有用な方法はドッグフードにぬるま湯、もしくは鶏肉のだしを作って混ぜることです。特に冬場には有効です。鶏肉のスープは犬にとって有害なたまねぎや塩などの混入を避けるために、かならず家で作ったものでなければなりません。

人間の食べ物や残り物を与えないことは健康状態の改善につながり中毒の可能性を減らすだけでなく、犬がドッグフードをよく食べるようになるためにも役立ちます。またこの件に関してプロからのもうひとつのアドバイスは、ご褒美やおやつを与えすぎないように気をつけることです。

全体として、ペットの食習慣には厳密に気を配らなければなりません。ペットの健康問題を引き起こす主な原因は食生活です。質の良い食生活を作ることが、栄養状態の悪化から病気になることなく愛犬が長生きするために大切です。