ワンちゃんを理解するために遠吠えをする理由を見てみよう

2019年5月8日
犬の遠吠えを神秘的なものだと考える人もいますが、実は、狼から受け継ぐ自己表現行動の一つです。犬の祖先である狼は遠吠えをして自分の群れに危険を警告したり獲物がいることを知らせます。

本記事では、これまでの神話や一般的に信じられている迷信とは違う、犬が遠吠えする主な理由をいくつかご紹介します。

遠吠えをしている理由を知ることで、犬の心身の健康状態を理解してどうサポートしたら良いのかを決断するのに役立ちます。

なぜ犬は遠吠えをするのか?

犬が遠吠えする理由にはいくつかありますが、そのほとんどが犬の祖先と言われる狼の習性と関連しています。

ご存知の通り犬は狼の子孫であり、遠吠えを頻繁にするシベリアンハスキーはその良い例です。

遠吠えとは、狼がよく使う自己表現や伝達の手段ですが、犬も同様に行います。

遠吠えをするためには、首を伸ばして鼻を上に向けなければなりませんが、このテクニックは、普通の吠え方よりも音がより遠くへ進むことを可能にします。

狼は自分の群れに定期的に状況を知らせる必要があるため、潜在的な危険の警告、獲物の発見、および捕食者から隠れる必要がある状況などは遠吠えを使って遠くへと伝えています。

遠吠えをするハスキー 犬  遠吠え  理由

しかし犬が遠吠えをするのはこれだけが理由ではありません。

ここからはその理由をご紹介します。

1. 自分のテリトリーを守る

狼では、その群れの「ボス」が遠吠えをします。

ペットの犬が遠吠えをしているのであれば、そこが自分のテリトリーであることを証明しようとしている可能性があります。

狼は遠吠えを使って侵入者がいることを群れに警告します。つまりこれは防御と生存のために遠吠えを使う本能的な行動です。

つまり犬も、何か危険を感じた時や侵入者を認識した時に、自分のテリトリーを守ろうと遠吠えをしている可能性があります。

こちらもご参考に:群れになったオオカミの生態を知ろう

2. 自分の群れの団結を祝う

ペットと飼い主は家族です。

つまり家族が家に帰ってきた時に、犬がジャンプするだけでなく遠吠えをする場合は、家族の団結を喜んでいる兆候かもしれません。

特に長時間留守番をして過ごすことの多いペットの場合は特に、家族が家に戻ってきたことが嬉しいでしょう。

また家族の誰かが長時間家から離れていた場合も、再会できたことを喜び遠吠えをすることがあります。

3. 身体の痛みを表現する

ここまでご紹介してきた理由以外に、喜びの表現や前向きな表現とは異なる遠吠えの理由があります。

怪我、切り傷、または消化不良などによる深刻な体の痛みを表現する時に遠吠えをする犬がいます。

これは私たち人間が、体調が悪いときやひどい痛みに耐えられず思わずうめき声をあげたり泣くのとよく似ています。

こちらもご参照を:痛みを感じている愛犬があなたに送るサインとは?

4. 何かの音を真似る

犬が特定の音を模倣するために遠吠えすることがあります。

救急車、パトカー、または消防車が通り過ぎる時に遠吠えをする犬を見たことはありませんか?

この遠吠えには2つの理由が考えられます。

  • これらのサイレンの高音が犬の耳を傷つけている可能性:大きな音が犬を緊張させ不安を感じているために、苦情として遠吠えをしています。
遠吠えの意味とは 犬  遠吠え  理由

  • 群れのリーダーの遠吠えに反応:狼が群れのリーダーの遠吠えに反応するように、自分が聞いた音に反応して模倣しているケースです。どこから聞こえてくるかわからないこれらのサイレン音に興味をそそられ、狼から受け継いだ記憶を目覚めさせようとして吠えている可能性も考えられます、そして近くにいる家族に、その音を伝えるために遠吠えをして知らせているかもしれません。

5. 不安感を軽減するため

まるで子守唄を歌っているかのように、自分自身を落ち着かせるために遠吠えをする犬がいます。

このタイプの遠吠えは、常にある特定の行動や身体言語を伴います。たとえば、尻尾を噛んだり、円を描くように動いたり、部屋の一方の側からもう一方の側へと場所を移動したりする行動です。

6. 孤独感を緩和するため

これは不安感と関連していますが、留守番など自分だけの時間に遠吠えをする犬は孤独感を緩和するために遠吠えしている可能性があります。

狼の子孫である犬は、群れで暮らす狼と同じように仲間に囲まれて幸せな暮らしを送るため、長時間一人で過ごすと、寂しくなり遠吠えをすることがあります。

孤独によって引き起こされる分離不安や悲しみは、人間が悲しんでいるときや落ち込んでいるときに泣いたり歌を歌って気を紛らわせるのにも似ています。

現在でも犬の遠吠えに神秘的な力を感じている人がいます。

高度に発達した感覚を持つ犬は、精霊、魂、または幽霊を見ることができ、それに対して遠吠えをしたり、災害や死を予想して遠吠えをすると考える人がいます。

現時点では、これを否定するだけの科学的根拠や研究は発表されていません。