屋外で飼うペットと室内で飼うペット:犬小屋は?

2019年3月21日
動物の中には外にいることに快適さを感じる動物と、室内で飼い主と過ごすことに幸せを感じる動物がいます。屋外で飼うペットなのか、室内で飼うペットなのかによって、どのようなペットハウスが良いのか考えましょう。

屋外で飼うペットと室内で飼うペットの間に区別はあるのでしょうか?ペットにとって、屋外と室内、どちらで寝るのが良いのでしょうか?

このようにペットの飼い主が直面する疑問はいくつかあると思いますが、今日は屋外と室内のどちらで眠るのがペットにとって幸せなのかがわかる、一般的なガイドラインを見てみましょう。

屋外で飼うペット、室内で飼うペット

屋外で飼うペットと室内で飼うペットでは、基本的にニーズが違います。つまり、自由にしていることに幸せを感じるペットと、家族からの関わりを必要とするペットがいるのです。後者は家族のいる室内で時間を過ごしたがるでしょう。

屋外でペットを飼う際、ペットハウスを用意する飼い主は多いでしょう。ですが、犬のように、外で眠ることを強制されると悲しみを感じる動物がいます。犬はとても社交的な動物ですので、飼い主やその他の家族などとの関わりを必要とします。

屋外に犬小屋を置くと、犬はそこに自分の場所があると感じるでしょう。しかし、毎晩そこで寝かせるのは良いことだとは言えません。孤独感を味わうだけでなく、気候の変化などから病気にかかりやすくなるでしょう。

猫に関して言うと、家の中に居場所を作ってあげることをお勧めします。猫は独立心が旺盛で、自分だけの場所を持つことに価値を見出します。

こちらも合わせてどうぞ:愛犬に暖かく過ごしてもらう方法:寒さ対策マニュアル

室内にペットハウスを用意する場合

室内用の小屋、屋外用の小屋などたくさんの商品が販売されています。飼い主は、マンションや狭い家など住んでいる環境を考えて小屋を用意しなくてはいけません。

床に寝そべる犬 屋外 室内 ペット 犬小屋

また、小屋のデザインや大きさも考慮するべき点でしょう。家の中でペットが落ち着いて過ごせる場所を用意してあげましょう。

コーヒーテーブル兼ペットハウス

面白い機能を備えたコーヒーテーブルをご紹介しましょう。小型〜中型犬用の犬小屋としても使える、革新的なコーヒーテーブルをデザインしているファブリカボイスという会社があります。

この便利なテーブル兼ペットハウスは折り紙式デザインをしていますので、テーブルの下に快適に過ごす空間があります。

コンパクトなペットハウス

さらに、韓国の会社Bad Marlonは室内用として理想的な革新的でコンパクトなデザインを提供しています。この会社が販売する小型の小屋は洗練された直線幾何学模様が特徴的です。現代的なスタイルを好む方や、最小限の飾りを好む方に人気です。

ナチュラルペットハウス

一方、ペットがゆったりと過ごす空間を屋外に備え付けたいという方は建築家、藤本壮介の作品を見てみましょう。

動物に自然な生活環境を与える、というのが彼のアイデアです。家の形を作りだすのに、開架式を用いています。これらの棚には草花のスペースがありますので、動物は自然を楽しむことができるでしょう。

こちらも合わせてどうぞ:なぜ人はペットを見捨てるのか?

屋外の犬小屋 屋外 室内 ペット 犬小屋

革新的で快適なペットハウス

 Rah Designもまた革新的で快適な商品を揃えています。ブラジルから輸入した木やコンクリート、スチールを使って作られており、快適さがポイントです。ベッドや備品を備え付けるカスタメイドも可能で、輸送も簡単です。

ペットを室内で飼うか、屋外で飼うかを決める際、そのペットの大きさ、種類、スペースなど様々な点が決定ポイントでしょう。どちらにしても、大切なペットが快適に過ごせるペットハウスを用意してあげると素敵ですね。