ニワトリは毎日産卵するってホント?その過程とは?

2019年4月28日
雌鶏は毎日産卵しますが、これは人間による飼育下における話であることに加え、雄鶏による雌鶏への影響ではなく、雌鶏自身のホルモン周期が関係しています。

鳥が卵を産む数とその頻度に影響する可変的な要因がいくつかあります。

ツグミなどの一部の鳥は、雛鳥を育てるための適切な条件を待ちますし、チフシャフムシクイは年に一度だけ産卵します。

ここでニワトリに話を戻しましょう。

ニワトリが産卵するまでにどのくらいの時間がかかるの?、ニワトリは毎日卵を何個産むの?

皆さんの頭の中に、このような疑問が浮かんできたかもしれません。

 

ニワトリの産卵の歴史

はい、ニワトリは毎日産卵します。

しかし、ニワトリの産卵には雄鶏の存在は必要なく、雌鶏のホルモン周期と深く関わりあっています。

特に養鶏所や牧場にいるニワトリが毎日卵を産むのは、歴史を通じて行われた交配と飼育条件の結果ともいえるでしょう。

アジアでは、9千年ほど前から、ニワトリと卵の「物語」が始まったと言われています。

セキショクヤケイは1年に1回、12個セットで卵を産んだと記録されています。19世紀後半には、卵を食物として使用する考えがヨーロッパで広まり始めました。家禽産業では、ニューハンプシャーとレゴム鶏が卵と繁殖に最も利用されています。

かつての産卵は、年に1度だけで産卵数は12個でしたが、現在は年間約300個産卵しています。

巣の中の卵 ニワトリ  毎日 産卵

卵とは何ですか?

人間による飼育環境では、ニワトリは毎日卵を産むのですか?

雌鶏は左卵巣に約4,000の卵胞(または将来の胚珠)を持って生まれ、生後4〜6ヶ月から排卵を始めます。

ニワトリのホルモン周期は10週間続き、各期間中に最大10個の胚珠が成熟します。

人間による飼育下では、ニワトリのホルモンを刺激する光をはじめとする様々な要因を管理することで、ホルモンの周期が重なり、24〜26時間ごとに産卵するようになります。これはおよそ2年間続きます。

こちらもご参照を:ペットの想像妊娠について:ホルモンバランスの乱れ?

卵が大きくなる過程とは?

前述したように、ニワトリはある特定の光にさらされると性腺刺激ホルモンが分泌されるため、自然の太陽光を受けなくても、卵が生成されていきます。

卵はおよそ10日間で成熟しますが、卵黄はグルコース、水分、脂質、そしてタンパク質から構成されています。

卵子が受精するようになれば、卵黄の栄養素はひよこの発育に使われます。これは、ひよこが卵の中で21日間生きて生まれるまでの栄養です。

胚を保護する透明なゼラチン状の物質(一般に卵白と呼ばれる)に囲まれている卵黄の色は、ニワトリの飼料の質によって異なります。

卵を温める鶏 ニワトリ  毎日 産卵

25時間後、卵黄は卵巣を出る準備が整いました。約60センチの長さの卵管は、タンパク質の放出によって3層の卵白を形成し始め、子宮内に入ると、約14時間ほどかけて卵の殻を形成します。

この殻は炭酸カルシウムから構成されており、通気孔があります。

ニワトリの体から出る前に、細菌などの侵入を防ぐため、殻の毛穴がコーティングされて、殻を覆うミネラルの色素が卵に色を与えます。

こちらもご参考に:動物の権利の世界宣言についてもう一度考えてみよう

家禽産業:なぜニワトリは毎日卵を産むのか

卵の産生は複雑なプロセスで、野生のニワトリが1日に複数の卵を産むことは不可能であり、人間の飼育下にあるニワトリのように野生のニワトリが自然に毎日卵を産むことはありません。

家禽産業を行なっている養鶏所では、無制限に卵を産むよう強制する特定の機器を鶏小屋に設置して、先に述べた光などを調整しています。

つまり養鶏所のニワトリは、1日24時間光の下で飼育されているため、いつも日中であると感じる結果、継続してホルモンを分泌する結果になります。

また自分の巣のある野生のニワトリではないため、自分の卵を見ることがなく、その結果どんどん卵を産まなくてはいけないように感じさせています。

このように育つニワトリの卵は、非論理的であることに加えて、このような卵の品質についても自分でしっかりと判断することが大切だと言えるでしょう。