動物とマーケティング:企業キャラクターとは?

2019年10月8日
企業キャラクターは、人々が会社の理念をよりよく認識できるようにします。会社に「顔」を与え、より魅力的にする手助けとなっているのです。

何年もの間、世界の大きな国際企業の多くがビジネスとしての顔を作るため、そして国民の心をつかむためにキャラクターを利用してきました。このコンセプトは効果抜群で企業キャラクターを最も魅力的で効果的なマーケティングツールの一つにしています。

今日のテクノロジーにより企業はより魅力的なキャラクターを作ることが出来るようになり、より現実的な表現や行動を命として吹き込むことで一般市民がより共感を持てるようになりました。競争が激化するデジタル市場では、国民の信頼と共感を得ることは大きなアドバンテージなのです。

企業キャラクターとは?

企業キャラクターとは、マスコットキャラクターとも呼ばれ、特定のブランドを表すために特別に作られたキャラクターのことです。キャラクターを通して企業は独自の個性を作り出し、マーケティングキャンペーンを通じて宣伝することができます。これらのキャンペーンは通常、人々の心を捉え感情やユーモアに訴えかけます。

企業キャラクターは、製品の販売や提供されているあらゆるサービスの宣伝に使用されるだけではありません。主な目的は、社会とのふれあいを通じて会社の価値感を伝えることです。キャラクターを通すことで会社独自のセールスポイント(日々の生活をほんの少し良くしてくれるようなポイント)をアピールするのです。

入念に作られ使用される企業マスコットは、企業全体を象徴するようになります。事実、一部の企業キャラクターはあまりにも有名なため、会社のロゴよりも認識されています。

有名な企業キャラクター

企業キャラクターがいかにシンボリックであるかを示すため、4つのキャラクターを選びました。これらのキャラクターは企業の核心を表しています。過去数十年間で最も有名な企業キャラクターを4つ見てみましょう。

1.ミッキーマウス、ディズニー

ミッキーはもともとウォルトディズニーの初期の作品の主役でしたが、そのカリスマ性と魅力はすぐに人々の心をつかみ、すぐにディズニーのマスコットキャラクターになりました。

企業キャラクターのミッキー マーケティング 動物

合わせて読みたい『こちらが人面犬の「ヨギ」さんです

ミッキーは、1920年代の短編映画 “Steam Boat Willie”で初めて登場しました。創立から90年以上たった今でも、このカリスマ的なキャラクターはファンのお気に入りであり、間違いなくディズニーブランド全体を象徴しています。

2.デュラセル・バニー

1970年代にテレビに登場した可愛らしいデュラセル・バニーは、すぐに多くの注目を集めました。このフレンドリーでエネルギッシュなキャラクターはすべての年代に人気がありましたが、特に子供たちの間では大人気でした。子どもに最も人気のあるペットがウサギであることを考えると、不思議ではありません。

この可愛いピンクのウサギのおかげで、デュラセルは電池だけではなく、たゆまぬエネルギーとバイタリティーをも提供していることを示すことができました。人生が投げかけてくる日々の課題に取り組むため、もっとエネルギーが欲しいと思う人は多いのではないでしょうか。

3.トニー・ザ・タイガー、ケロッグ社

数十年前、砂糖をまぶしたコーンフレーク(コーンフロスト)を食べることは、世界中の多くの地域で新しい習慣でした。実際、多くの人々にとって、それはアメリカのライフスタイルがいかに急速にグローバル化したかの典型的な例でした。

トラ マーケティング 動物

関連記事『イスタンブールで銅像になった有名なネコ

トニー・ザ・タイガーは、ケロッグ社のシリアルのターゲット市場である子どもに向けて作られました。しかし、トニー・ザ・タイガーの見た目と大胆な性格は、ケロッグ社のシリアルには糖分と炭水化物だけではないという考えを伝えることも目的としていました。これには議論の余地があるかもしれませんが、トニー・ザ・タイガーの成功は疑う余地もありません。

4.ドナルド・マクドナルド

ドナルド・マクドナルドを語らずして企業キャラクターについて語ることはできません。また、マスコットキャラクターは動物だけでないという良い例でもあります。

長年にわたり、史上最も有名なピエロであるドナルドは、マクドナルドが幸福の代名詞であるというメッセージを広めることに成功しました。過去には、ドナルド・マクドナルド財団は、消費者の連帯感を生み出す方法として、チャリティーキャンペーンでドナルドをマスコットとして使用していました。

ファストフードについては賛否両論ありますが、マクドナルドのマーケティングキャンペーンでのマスコットキャラクターの使用は印象深いものになりました。

  • Es.scribd.com/document. 2005. Mascota, identidad organizacional. Extraído de:https://es.scribd.com/document/163706791/La-mascota-representacion-grafica-de-la-identidad-organizacional-pdf
  • Universidad de Londres. Diseño de la identidad corporativa. Extraído de: https://nuqleo.files.wordpress.com/2011/11/diseno_identidad_corporativa_londres.pdf