大好きなペットと一緒に過ごした一年

2019年1月9日
飼い主としてペットのお世話は「義務」ですが、それはペットがたくさんの癒しと幸せを与えてくれる時間でもあります。

初めてペットを飼うと決めた時、不安や迷いを感じるかもしれません。けれども、ペットが与えてくれる無償の愛や優しさを感じることでそんな不安はなくなり、最初の一年はあっという間に過ぎていくことでしょう。

最初の一年:チャレンジ

正直、ペットを飼うかどうか迷ってた。でも君に出会った瞬間、その迷いはすぐになくなったんだ。君は私にすぐに駆け寄ってきてくれて、あぁ、この子が家の子になるんだと私はすぐに感じた。今考えると、私が選んだと言うよりは君が私のことを選んでくれたような気がするよ。

時が過ぎるのは本当に早くて、君が家に来てからもう一年が経とうとしてる。最初はいろいろ大変なこともたくさんあったけれど、今はお互いにとってかけがえのない存在になったね。今では君は、私にとって何よりも大切な存在。

君が初めて私の家に来たときのこと、今でもよく覚えているよ。家の中でマーキングを始めて、本当にどこにでもしてたね。笑っていいのか泣いていいのかよくわからなかったけど、本当にこれから一緒に暮らしていけるのか少し不安になったこともあった。もしかしたら一人で暮らしていた時間があまりにも長すぎて、少し自分勝手になってたかもしれない。そこから、私は君といろんなことを共有することを学んだんだ。

ご存知でしたか?:
孤独を解消するペットとの暮らし

私に選択肢はなかった。自分の家やベッド、ソファ、食べ物も共有しなければならなかった。何もかもが新しいことばかりで少し戸惑ったけど、今では君との生活を楽しんでるよ。

家の中でトイレをしないように教えるのは正直大変だったけど、よくがんばったね。ついに外でおしっこができるようになったし、 君も家の中がいい匂いの方が快適でしょう?

散歩に行くのも最初は大変だったね。愛情込めて話しかけてたけど、最初は全然理解していないみたいだった。でも徐々に君はいろんなことを学んでいったね。私と同じペースで歩いて、呼ばれれば、それに応えるようになったね。首が痛くならないようにリーシュを引っ張らないようにすることも覚えたし、頑張ったおかげでいろんなことを学んだね。

そして今、一年経って、すっかりリラックスしてベッドで寝ている君を見て、すべての努力は意味があったと実感してるよ。

最初の一年:喜び

犬とおもちゃ ペット 一年

君と過ごした一年は、大変なことばかりじゃなかった。たくさんの楽しい時間も一緒に過ごしたね。君はたくさんの喜びを与えてくれて、それは今も続いてる。

こちらもご参考に:
子犬とのラブストーリー:ペットが欲しくなるなんて思わなかった

最初に家に来た時、君はとっても小さくてボウルから水を飲むことさえ難しかった。ボウルの中の水が少なくなると、足でひっくり返そうとして頭から水をかぶってたね。かわいそうだったけど、とっても可愛くて思わず笑っちゃったよ。

仕事から帰った時、私にあいたくてクンクン泣いてた君を見て、すごく嬉しかった! いつも仕事が終わるのが待ち遠しくって早く家に帰りたいと思ったよ。君も同じように感じていてくれて、それが嬉しくてとても愛おしかった。

一人ぼっちでソファに座ってテレビを見ることはもうない。君がソファに来て寄り添ってくれるから。私が出かけるときに悲しそうな顔をしたり、私の近くで寝ようとしたり、甘えて頭で私の手を押したり、どの仕草も本当可愛くて大好きなんだ。

あっという間に一年が経ったけど、君を家族に迎えたのは人生で最高の選択だった。最初はなかなか大変だったけど、2人でがんばったね。

そしてこれからもずっと一緒に暮らしていこうね。新しいチャレンジや喜びを発見するのをすごく楽しみにしてるよ。君以上に最高のパートナーはいない。私のことを選んでくれて本当にありがとう!