あまり知られていないダッチ・スムースフント:特性と行動

2019年8月20日
ダッチ・スムースフントに関する最初の記録は19世紀にまで遡ります。彼らの仕事はネズミを追いかけることだったと記載されています。

比較的新しい犬種と言われるダッチ・スムースフントについてご存知ですか?

本記事では、あまり知られていないその起源などについて、詳しくご紹介します。

ダッチ・スムースフントの歴史

比較的新しい犬種であるダッチ・スムースフントに関する最初の記述は、19世紀にまで遡ります。

馬車を誘導したりネズミを追いかけるなどの仕事をしていたと言われており、小動物を狩る能力が素晴らしいことでも知られていました。

観光客に対して販売された時に、この種類が独立した犬種だと認識されましたが、それより何十年も前からこの犬種は人間と一緒に暮らし、様々な仕事をして人間を助けていたと言われています。

20世紀初頭からは、ブリーダーがこの犬種の保持に努めていますが、オランダ以外ではほとんど知られていないのが実情です。

こちらもご参考に:信頼できるブリーダーの見分け方

ダッチ・スムースフントの特徴

中型犬であるダッチ・スムースフントは、オスとメスどちらも体長は35〜40 cmで、体重は約10 kgです。

一般的に頑丈な犬であり、正方形のような体型をしています。

長毛が魅力的なダッチ・スムースフント

身体的には、魅力的な毛が特徴の一つです。

粗めで、長さが4〜7 cmの毛は、頬と眉毛で少し長くなるため、まるで口ひげと長い眉毛があるように見えます。

手足の毛も長く、黄色のような色に見えることもあります、

頭は正方形で幅が広く、額と鼻の間に独自のスペース、キリッとした唇と幅広く暗めの色の鼻、そして垂れた耳が特徴的です。

尾はふさふさした垂れた尾です。

ダッチ・スムースフントの行動

ダッチ・スムースフントは友好的な性格の動物で、家族を喜ばせるのが大好きで、すぐに幸せな気持ちになる犬種です。

家族と仲良く過ごすタイプですが、番犬には向いていません。

ダッチ・スムースフントの行動

陽気で、緊張することがあまりない性格のダッチ・スムースフントのかつての仕事は、馬と一緒に走ることだったので、エネルギッシュな犬種としても知られています。

そのため、家庭でペットとして飼う場合も、家族と一緒に長めの散歩に出かけたり、長時間遊ぶのが大好きです。

ダッチ・スムースフントの性格はテリアに似ており、勇敢で強い意志を持っているため、小動物を狩る本能に優れています。

すぐには怖がらず、何か心配事や不快なことがない限りは、むだ吠えをすることはほとんどありません。

また頑固な性格なので、一般的な方法でしつけるのは簡単ではありません。

ダッチ・スムースフントをしつける場合は、積極的に褒めて訓練をしましょう。

褒めることとおやつを使ってトレーニングを行うことで、ダッチ・スムースフントは飼い主と一緒にトレーニングを行いたいという意志を持ち、飼い主からの命令を「強要されている」とは感じなくなり、飼い主に喜んで従うようになります。

ダッチ・スムースフントのお世話

ダッチ・スムースフントは、比較的毛が抜けにくい犬種なので、いたるところに毛が飛び散る心配をする必要はありませんが、長毛種なので毛が絡まらないように頻繁にブラッシングする必要があります。

また、皮膚の問題を発症することもあるため、注意が必要です。

比較的新しい犬種なので、健康状態を分析した特定の研究結果はありませんが、頻繁に現れる遺伝性疾患があることがわかっています。

ダッチ・スムースフントの健康を維持するためには、獣医師の定期検診をしっかりと受け、必要な予防接種と定期駆虫を欠かさず受けてください。