愛犬のトリミング:ペットサロン?それとも自宅で?

2019年2月19日
節約したいのであれば、自宅でトリミングする方が経済的です。けれども、犬が攻撃的になったり緊張している場合は、トリマーに任せた方が良いでしょう。

愛犬をペットサロンへ連れて行くのはお金がかかります。節約したいのであれば、自分でトリミングを行うのも良い方法です。犬種によっては、想像以上にずっと簡単できるでしょう。

トリミングの重要性

長い毛の犬は短い毛の犬よりもはるかに多くのヘアケアが必要となります。頻繁に毛を洗わなければならず、洗った後はドライヤーで乾かす必要があります。毛がもつれないように毎日ブラッシングすることも大切です。

トリミングはノミやダニが繁殖し、至るところで脱皮するのを防ぐので非常に重要です。

獣医は冬の間のトリミングが特に大切だとしています。毛が清潔で整っていないと、寒さと湿った天気により様々な健康被害が発生するからです。

毛がドライヤーでなかなか乾かない場合は真菌ノミ、ダニが繁殖しやすくなります。また、しっかり乾かさないと特有の悪臭が充満する可能性もあります。

こちらもご参考に:
グルーミング嫌いの犬たちへ

トリミングはペットサロン?それとも自宅で?

ご存知の通り、専門家にトリミングを頼むのが1番理想的です。しかし、あなたのニーズや経済状況において最終的には自分で選択してください。

トリミング

自宅でトリミングするのであれば、十分なスペース、適切な道具、そして犬に苦痛を与えずできるという自信が必要です。

トリミングの間、犬は緊張したり攻撃的になる傾向があります。飼い主がトリミングをすると信頼関係ができているため、比較的落ち着いてトリミングできるケースが多いですが、トリマーなど専門家に頼んだ方がよりスムーズにいくでしょう。

先に述べたように、快適に安全にトリミングできるよう、十分な広いスペースを確保することが大切です。テラスや、庭でトリミングするのも良いでしょう。

一方、専門家であるトリマーにトリミングしてもらう事は費用はかかりますが多くのメリットがあります。一番のメリットは、犬が攻撃的になったり気持ちが高ぶっている場合、その対処方法を専門家は正確に知っていると言うことです。

自宅でトリミングする際のアドバイス

まず犬の毛をチェックする

トリミングの前に素早く犬の毛をチェックしましょう。ダニやノミ、またはトリミングする際に痛くなるような傷がないことを確認してください。

ブラッシング

毛から汚れやほこりを取り除くのと同様に衛生面に気を配ってください。絡まっている毛を解いたり、取り除いてください。

ご存知でしたか?:
ウォータードッグの毛のグルーミングの仕方

乾いてる時にトリミングする

トリマーのような専門家は、毛がまだ濡れているうちにトリミングすることもあります。しかし自宅で行うときは、毛が乾燥してる時に行いましょう。濡れた時にカットすると、思っていたより短くなったり、想像していたのと違うヘアスタイルになる可能性があるからです。

ハサミ?それとも電気カミソリ?

ハサミでトリミング

均一に仕上げるのであれば、電気カミソリを使うのが1番良いでしょう。毛の長さに誤差が出る可能性は低くなります。ただし慎重に使用し、犬が痛みを感じないようにしてください。

ペットサロンで頼むか、自宅でトリミングをするかはあなたのニーズや目的によっても異なります。節約するのであれば、先にも述べたように自宅でトリミングする方が明らかに安く済むでしょう。