ハワイアンヘアレスと呼ばれる毛のない「コハナキャット」

2019年9月2日
コハナキャットにはまつ毛もないため、目のお手入れが大切です。

毛のない猫の一種であるコハナキャットですが、他の毛のない種類と異なり、ある特定の遺伝子変異により体毛が欠如していると考えられています。

そして、ゴムのようなシワの多い皮膚がコハナキャットの特徴です。

コハナキャットの起源

コハナキャットが最初に文献に記録されているのは2002年ですが、その起源については多くの議論があります。

その一つは、ハワイに生息する野生種の猫がその起源だというものです。

コハナキャットには、完全に毛包がありません。

もう一つの仮説は、同じく無毛のドンスコイとカナディアンスフィンクスの交配で生まれたという理論です。

また、単なるカナディアンスフィンクスの一種だと考え方もありました。

DNA検査により、コハナキャットはスフィンクスと同じ遺伝子変異を持っていることがわかりましたが、他の遺伝子も関与していました。

コハナキャットは、繁殖が非常に難しいため、その数は多くありません。

分類学、遺伝学、動物学の専門家、そして猫の様々な団体がありますが、彼らはコハナキャットを新しいネコ種とは考えていません。

一般的には、約15年ごとに新しい毛のない猫が突然変異で生まれると考えられるからです。

こちらもご参考に:猫はエキゾチックアニマルと呼んでもいいの?

コハナキャット について

コハナキャットの特徴とお世話の方法

筋肉質の体が特徴的なコハナキャットは、体毛がないため、シワの多い体型をしています。

体重は3〜6キロで、前足よりも後ろ足の方が長くなっているため、とても独自でユニークな歩き方をします。

一般的なコハナキャットは、体毛がないため、肌の色であるクリーム色またはピンクがかった色ですが、黒や白のコハナキャットも存在しています。

知的で愛情深い性格で、エネルギッシュな猫なので、常に注意が必要です。

他の猫と異なるのは、ブラッシングの必要がないという点ですが、体を洗う必要はあることをお忘れなく!

そして体毛がないということは、自分の毛を食べることがないため、毛玉に注意する必要はありませんし、家のどこかに毛玉を吐くこともありません。

コハナキャットのお世話において、歯の健康維持に大切なデンタルケアが欠かせませんし、歯茎ケアも忘れてはいけません。

歯垢や口内細菌が口の中に蓄積されると、深刻な病気につながる可能性があるため、口腔衛生を正しく保ちながら、獣医師が推奨する食べ物を与えて、コハナキャットのお口の健康には十分気をつけてください。

発見:愛猫のお口の衛生を保つには?

コハナキャット の口の中

目の健康も常に注意を払うべき点です。

毛がない猫であるコハナキャットにはまつ毛がないため、目に悪い影響を及ぼす粒子を防ぐことができず、結膜炎などを発症することがあります。

布を生理食塩水に浸し、目の周り粒子や不純物を定期的に取り除いてください。

コハナキャットの良い点

コハナキャットは、猫アレルギーがあるけれど猫を飼いたい場合にお勧めです。

猫アレルギーの人の多くが、猫の毛に対してアレルギー症状を発症するため、毛のない猫ならば、アレルギーが起こるリスクを減らすことができます。

毛がないため、毛玉を吐き出すことがないという点と、いつまでも毛を舐めていることがないという良い点があります。

室内で飼うタイプの猫なので、外に遊びに出かけて病気になったり迷子になるのを心配する必要はありません。

一見弱く見えるコハナキャットですが、適切なお世話、食べ物、そして愛情を与えると、最長で17歳まで生きると記録されています。

元気でエネルギー溢れるコハナキャットの愛情深い行動は、コハナキャットが幸せで健康であるのを示す、最良の指針となります。

  • LosAnimales.org (2018). Kohana. Recuperado de https://www.losanimales.org/gatos/kohana/
  • PetShopTop. Kohana kat, Hawaiian hairless. (S.f). Recuperado de http://petshoptop.ru/en/info/cats/breeds/kohana-kat-hawaiian-hairless-102