犬と別れるのが嫌でプロポーズを断った女性

· 2018年10月20日
クリシュナは誰のためであってもルーシーを手放したりなんてしません。何が起こってもペットを大事にするという彼女の決断を私たちも見習いたいですね。

彼氏と犬のどちらかを選ばないといけないと言われたら、あなたはどっちを選びますか?変な選択肢だなと思う人もいるでしょう。そして、誰がこんな決断を迫るものでしょうか?実は、インドにいる女性がこの選択を迫られた結果、彼氏からの プロポーズ を断ったそうです。もし彼女がイエスといっていたら、犬を失っていたかもしれません。

今回はそんなインドに住んでいるクリシュナと彼女の愛犬ルーシーのお話を紹介したいと思います。

クリュシュナとルーシーは引き裂くことのできない仲でした。では、まずなぜ彼女がこのワンちゃんを手放さなければならない状況にあったのでしょうか?

クルシュナとルーシー プロポーズ

インドではお見合い結婚はとても一般的です。クリシュナにも見合い話があり、全く知らない男性と結婚の話が進んでいました。一方、ルーシーはクリシュナの愛犬で、2人はいつも一緒に過ごし、引き裂くことのできない親友同士でした。

多くの女性がそうであるように、クリシュナはこのお見合い結婚の習慣をよく思っていませんでした。しかし、これはインドの文化の一部で、家族の願いに従わなければならないと彼女は理解していたので、お見合いをすることにしました。

一方、この男性が家の中で犬を飼うことに反対だと彼女に伝えた途端、全てが変わりました。そして、犬を置いていかなければならないなら、結婚をやめる、ということをクリシュナは戸惑うことなく伝えたのです。

もちろん、相手はこれに賛成せず、考え直すように言いました。では、彼らの会話の一部をまとめてみたので見てみましょう。文化が違うとはいえ、彼女のように犬は私たちの親友だということを忘れてはいけません。。

  • 相手:君からの答えを待っているんだけど、僕の両親も早く知りたがっているよ。なんて言えばいいかな?
  • クリシュナ:もうしっかり伝わったと思ってたけど。犬が問題になるなら結婚はしないつもり。
  • 相手:何か解決方法を考えれないかな?僕は家に犬が入ってくるのは嫌だし、一緒のベッドにも寝たくない。そして僕の母も犬全般が好きじゃないんだ。
  • クリシュナ:だから、この結婚はうまくいかないって言ってるの。
  • 相手:本気で言ってんの?信じられない。
  • クリシュナ:うん、後で絶対に問題になるはずだから。
  • 相手:それは確かなの?犬が好きなのは、人生の一時的な時期だけかもしれないよ。僕らは人生について話してるのに。
  • クリシュナ:うん、私は確かよ。犬を飼うことは絶対に一時的なことじゃない。絶対に犬を手放したりできない。誰のためであっても。
  • 相手:言いたくないけど、じゃあ犬と結婚すればいいよ。
  • クリシュナ:私たちの関係がうまくいかなかったからって、偉そうにしないでくれる?

クリシュナの犬に対する想いは プロポーズ よりも強かった

クリシュナの犬に対する想いはいつも強かった プロポーズ

クリシュナの母は、未だにこの件に関して彼女に嫌味を言うそうです。この決断は家族の仲でも多くの問題を引き起こしました。しかし、クリシュナがこれに屈することはありませんでした。

さらに、この件はこれで終わらなかったようです。諦めきれなかった男性はクリシュナに手紙を書き続け、「家族が第一」、「どうして犬があなたの人生の中心になれるの?」、「キャリアは重要じゃないの?」といったことを伝えたそうです。ひどい話ですね。

この男性は忠誠心や愛についてなにも分かっていません。何年間にも及んぶルーシーのクリシュナへの愛も理解していないのです。この男性は、ルーシーが引き取られてからずっと家族の一員だったということを理解していません。

クリシュナは誰のためであってもルーシーを手放したりなんてしません。何が起こってもペットを大事にするという彼女の決断を私たちも見習いたいですね。彼女のような人がたくさん増えると、動物放棄の問題も無くなっていくでしょう。