カ・デ・ブーという犬種をご存じですか?

2018年12月20日
カ・デ・ブーは穏やかでフレンドリーです。そして、遊ぶことを好み、大切な人には保守的な勇敢な犬です。

カ・デ・ブー(Ca de Bou)、あるいはマヨルカン・マスティフは、スペイン原産のモロシアン犬(マスティフ種)です。正確には、スペイン東部沖のバレアス諸島から来ました。カ・デ・ブーは穏やかでいながらも勇敢で、忠実で保守的な犬です。

カ・デ・ブーの起源

カ・デ・ブーは牧羊犬やパワフルな動物、そしてスパニッシュ・ブルドッグや他の猟犬と繋がりがあります。1229年から1231年まで、アラゴン王(征服王)ハイメ1世は、マヨルカを征服した際にカ・デ・ブーを連れて行ったといいます。この征服で、スパニッシュ・ブルドッグは他の土着犬と交配されました。そして、ユトレヒト条約が締結されると、イギリス人が連れてきたパワフルな猟犬と更に交配され、有名なカ・デ・ブーが誕生したのです

カ・デ・ブー2

 

カ・デ・ブーの特徴

カ・デ・ブーは、体のバランスがとれた力強いパワフルな犬です。1996年に公表された公式の基準によると、肩甲骨までの体高はオスで55~58cm、メスで52~55cmでなければいけません。通常、体重はオスで35~38kg、メスで30~34kgです。カ・デ・ブーの頭はガッシリとしていて、強力な顎を持っています。また、顔には特に目立つシワはありません。通常、カ・デ・ブーの鼻(スナウト)は頭蓋骨の1/3の大きさで、目の下の辺りから大きなコーンのような形で突き出る鼻は、真っ黒な鼻の先に向かってやや上向きにカーブしていきます。

被毛は通常、ブリンドル(虎柄)、淡黄褐色、あるいは黒です。コンテストでは、被毛の30%以上を覆う白い斑点があると審査員により減点されます。しかし、後ろ足、胸、鼻先周辺は例外で減点対象にはなりません。

合わせて読みたい:珍しい犬種カブードル

 

性格と行動

他の犬種、特にモロシアン犬と同様、適切で健康的な社会化はカ・デ・ブーにも重要です。カ・デ・ブーは穏やかでフレンドリーです。そして、遊ぶことを好み、大切な人には保守的な勇敢な犬です。小さい子どもには驚くほど寛容で忍耐力がある犬でもあります。

ご存じですか?:新しい犬種プミ

 

お手入れとその他の注意事項

地域の法律によって基準は異なりますが、カ・デ・ブーは危険な犬と考えられている一部の地域があります。つまり、飼い主はペット保険に加入し、特定のリードの使用や、リードを放しての散歩を避けるといった推奨事項に従う必要があります。カ・デ・ブー特有の大きな病気はありませんが、大きなモロシアン犬であるため、心血管疾患胃捻転、関節に関する問題なのどの定期検査を動物病院で行うことをおすすめします。

カ・デ・ブーを既に飼っている、あるいはこれから飼うのであれば、フレンドリーでありながらも穏やかで、好奇心旺盛な忠実なこの素晴らしい犬と楽しい毎日が過ごせることでしょう。