不思議な行動:ヘッドプレスについて

2018年8月4日

ヘッドプレスは獣医学において話題になっている行動の一つです。専門家は、あなたの愛犬をよりよく世話するためにはヘッドプレスについてもっと知ることが重要だと述べているのです。

ヘッドプレスは、壁やドア、フェンスなどしっかりとした硬い場所に、頭をもたれかけさせたり押し付けたりすることを指し、多くの人がこれを病気だと信じています。しかし、実際に犬に何かおかしいことが起こっているのです。

何か悪影響を受けた際、犬が見せるサインは様々です。例えば吠えたり、情緒不安定になったり、奇妙な行動を起こします。ヘッドプレスも同じように動物に何かおかしなことが起こっていると言う明確なサインなのです。

悪いことをしたことを叱る前に、病気によって無意識のうちにこれらの行動を起こしていないことを確認してください。

ヘッドプレスの見分け方

ヘッドブレスは、動物がしっかりとした硬い場所に頭をもたれかけさせたり押し付けたりすることです。壁やフェンスが一般的です。

見つめる犬

主な原因は、動物が強烈な頭痛を軽減しようと試みているからだといわれています。しかし犬が頭痛を起こすのは非常に珍しいことです。ヘッドプレスを始めたらすぐに獣医に連れて行きましょう。

ヘッドプレスの見分け方は非常に簡単です。多くの時間頭を壁にもたれさせたり押し付けている傾向があります。これは痛みを和らげるために圧力をかけているため、足や頭蓋骨に怪我を引き起こす可能性があります。

ヘッドブレスは多くの問題行動を引き起こすきっかけに過ぎないかもしれません。愛犬は従順でなくなり、命令を無視したり、呼びかけても反応しなくなることもよくあります。

疾患が進行するにつれ、他の奇妙な行動も起こすようになります。頭を強く回転させたり、情緒不安定になったり、徐々に視覚と反射を失ったり、痙攣さえ起こる恐れがあります。

ヘッドプレスの原因

人間と同様、犬に頭痛を引き起こす原因はたくさんあります。神経の問題であったり、あるいは食中毒の兆候である場合もあります。専門家はヘッドプレスの要因を次のように述べています。

・ 物理的なトラウマ

水頭症。液体が蓄積するため脳への圧力が増加します。神経系を傷つける感染症:狂犬病、トキソプラズマ症、ジステンパー。

腫瘍または大脳浮腫

発作

化学物質、有毒物質、または薬物による中毒

主に肝不全による体内の毒素蓄積

ナトリウム(または塩)の過剰摂取

最も影響を受けやすい犬種

どんな犬種でも、ヘッドプレスは発生し、深刻な神経系の問題や中毒を引き起こす恐れがあります。

しかし多くの場合、特定の品種にヘッドプレスが起こる傾向があります。主にパグ、フレンチブルドック、ヨークシャー、ボストンテリア、ビーグルです。

猫もヘッドプレスや神経系損傷を起こすことが証明されています。しかし症例は犬に比べてはるかに少ないです。

ヘッドプレスを始めたらどうするべきか

愛犬がヘッドプレスのサインを見せたら、直ちに獣医に連れて行くことが大切です。神経系の問題や中毒は非常に深刻な問題であり急速に悪化する恐れがあります。

早期診断によって愛犬を直すことができる確率がぐんと上がります。病気が中枢神経や脳に到達してしまうと二度と治らない恐れがあります。

獣医はヘッドプレスの原因を突きとめるでしょう。それから正しい処置を提案してくれるはずです。

ヘッドプレスの治療法

異なる病気によって症状を発生するため、治療方法は愛犬が何に影響されてヘッドプレスを起こしているかによります。

獣医に診察してもらう犬

回虫が原因の場合は、抗寄生虫処置で治療することができます。一方最近に感染している場合は、抗生物質が最良の選択になります。もし脳の水に苦しんでいるならば、脳の特定の部分の水を排除することが必要になります。

答えを1つに絞る事は不可能です。獣医が愛犬に合ったベストな治療法を見つけてくれるでしょう。

ヘッドプレスの防止法

ヘッドプレスを防ぐ特別な方法はありません。できるのは愛犬の健康をしっかりと維持することです。よって、健康的な食事を与え、十分に水を摂取していることを確認してください。

ヘッドプレスの兆候を早いうちに発見すれば、愛犬の命を救うことができます。よって常に愛犬に気を配り、細心の注意を払ってください。