愛犬の病気について:最初の兆候に気づく方法とは?

2019年11月25日
愛犬の調子が悪いときは、できるだけ早くその兆候を察知して問題に対処できるようにすることが大切です。今回は、犬が病気になった時の一般的な症状や最初の兆候のいくつかをご紹介します。

愛犬をよく知ることが大切な理由は数多くあります。

その中でも、愛犬が発する生理学的な信号を探知することは、大切な友人である愛犬の健康を維持するために大切です。

今回の記事では、犬が病気になった時の最も一般的な兆候とそれらを見つける方法を説明します。

食欲不振および口腔障害

健康な犬は通常、食欲を失いません。

愛犬が食事を食べなくなったら、何らかの病気や健康問題が発症している可能性を疑いましょう。

また、突然の体重の突然の変化は食欲不振の兆候でもあります。

愛犬の病気:最初の兆候に気づく方法 元気な犬

食欲不振は多くの場合、歯肉炎、歯茎の問題、発熱、嘔吐などを伴います。これらの兆候が続く場合は、すぐに獣医の検診に行く必要があります。

こちらからさらに詳しく:口内の健康維持に:犬用の「デンタルフロストイ」

過度に体を掻く

犬が自分自身を掻くのは自然なことですが、継続的であったり過度に掻くときには何か病気の兆候かもしれません。

また、単に皮膚の保湿が足りずに乾燥しているだけというケースもあります。

痒がっている犬 犬 病気 兆候

犬が体を掻くとき、その場所がある特定の場所に限定されているのならば、ダニか深刻な感染またはアレルギーである可能性があるため、獣医師の診察を受けてより詳しい検査をする必要があります。

続きを読む:健康面での注意喚起:ダニを媒介とした伝染病とは?

しこりや炎症

しこりや奇妙な炎症は心配の種です。

犬のお世話をしている時などに、見たことないしこりや腫れに気付いた場合は、すぐに獣医に知らせてください。

最も一般的な原因は、脂肪腫、あざ、またはイボです。

獣医師による検診を受ける犬 犬 病気 兆候

ただし、悪性腫瘍が原因である場合は獣医師による治療が必要です。

このようなリスクを減らすためにも、獣医師による定期的な健康診断が欠かせません。

他の病気の兆候

愛犬の行動を通じて、病気を早期に見つけることができます。

犬の異常行動は、犬の体内に何かいつもと違う「異常」が起きている可能性を示唆しています。

たとえば、犬がうめき声を出したり苦しそうな声を出している時、または何かに動揺しているときは注意が必要ですし、長期的に疲れて動かない時なども、獣医師に相談することをお勧めします。

犬 病気 兆候

他の犬や人間に対して過度に攻撃的になったり、逆に過度に引きこもったり接触を回避するのも病気の兆候である可能性があります。

愛犬の健康を維持し、健康問題を早期に発見するためには、愛犬の健康と行動に常に注意を払いましょう。

愛犬の健康は、私たちにかかっていると言っても過言ではありません。

  • Borie, C., Luisa, M., & Ch, S. (2002). Brucelosis en el perro. TecnoVet8(1).

 

  • García, M. E., & Blanco, J. L. (2000). Principales enfermedades fúngicas que afectan a los animales domésticos. Rev Iberoam Micol17(Suppl), S2-S7.