絶滅した犬種について知ろう

· 2018年7月4日

現在世界には800種類以上の犬がいます。しかし様々な理由から既にこの世には存在しない犬種もいます。この記事では絶滅した犬種についてお伝えしようと思います。

あなたの知っている絶滅種は何ですか?

研究者によれば、約25の犬種が絶滅してしまったそうです。絶滅したのには、いくつか理由があるのです。絶滅した犬種は次のような血統が挙げられます。

1、アーラント

この犬種は古代17世紀に中央アジアとヨーロッパに存在しました。スペインブルドックの祖先であり、短い毛を持った大型犬で、いくつかの異なるタイプの毛で覆われています。彼らは勇敢であることで知られていて、戦争や警備犬、家畜の牧畜犬として利用されていました。ブルドックもまたアーラントの子孫です。

2、ブレンバイザー

ブレンバイザーはドイツで生まれ、多くの犬種の祖先であると考えられています。ブレンバイザーは、カンガール・ドッグの一種であり、短い縞模様の毛、強い筋肉を備えた強壮ハンターでした。他の犬種との混血が進んで絶滅してしまいました。

3.アルパインマスティフ

この犬種もヨーロッパに住んでいた絶滅種です。セントバーナードの祖先であり、今日知られている様々なマスティフの祖先です。縞模様の毛で、当時イギリスで一番大きな犬でした。他の犬種との混血が進み、徐々にアルパインマスティフは消え去ってしまいました。

4.ケルティックハウンド

ケルティックハウンドは、アイルランドのケルト時代に生息しており、地元の伝説にも登場しました。アイリッシュウルフハウンド、スコットランドウルフハウンド、グレイハウンドのミックスだと言われています。ケルティックハウンドは、17世紀の絵画や宝飾品にも描かれています。そこには、狩人や道路を守る警備犬、さらには失われた魂を保護する犬として描かれています。

5.コルドバ・ファイティング・ドッグ

コルドバ・ファイティング・ドッグは、イングリッシュブルドック、ブルンバイザー、ブルテリア、スパニッシュマスティフの交配によってアルゼンチンで誕生しました。最初に登場するのは20世紀です。その名前が表すように、死ぬまで戦うために使われました。また、この犬種は痛みの閾値が高く非常に攻撃的であったため、交配することもできず絶滅してしまいました。

コルドバ・ファイティング・ドッグから派生した犬は、1920年に生まれたドゴーアルヘンティーノです。

6.イングリッシュホワイトテリア

イングリッシュホワイトテリアはイギリスで誕生し、タフで短い光沢のある白い毛で覆われていました。非常に強い筋肉を持ち、体重は5キロから10キロの間でした。最初のイングリッシュホワイトテリアは1876年に生まれ、シルビオと呼ばれていました。彼の飼い主アルフレットベンジャミンは、シルビオを競技会に連れて行き、そこで1877年から1878年の間にいくつもの賞を獲得しました。

7.ブラク・デュピュイ

ブラク・デュピュイは古いフランスの犬種で、その柔軟性と敏捷さから、平らな土地で狩猟のために使用されました。ブラク・デュピュイは19世紀にポワトゥー州で猟犬とブラクを交配した結果生まれました。

その名前の由来は、兵士が持ってきたアフリカ・スラウギと犬を交配させたピュイ兄弟にちなんで名付けられたそうです。この犬は白くオレンジの斑点がありました。ブラク・デュピュイは絶滅していますが、似たような犬種は今でも存在しています。

8.ドゴ・クバノ

キューバのマスチフとも呼ばれ、戦闘に使用され、ブルマスティフの一種でした。逃げた奴隷を捕まえるために、カリブ諸国に連れて来られました。奴隷制廃止後、ドゴは姿を消しました。ドゴ・クバノは狭い頭、鋭い唇、垂れた耳、短いしっぽ、黒い斑点のある灰色をした犬種でした。

9.ノース・カントリー・ビーグル

ノース・カントリー・ビーグルは、19世紀まで生きていたイギリスの絶滅した犬種です。異種交配により消えてしまいました。いつノース・カントリー・ビーグルが絶滅したのか正確な時間はわかりません。しかし、現代のビーグルの祖先として知られていて、非常に似た外見をしています。