ウォータードッグに分類されるのはどの犬種?

· 2018年11月17日
ウォータードッグは羊のようなカーリーな毛質が特徴の中型犬で、水がとても大好きな犬種です。

ウォータードッグと呼ばれる犬種は、中サイズでカーリーな羊毛状の毛質を持ち、海や湖の鳥を捕まえたり拾い上げる、鳥猟犬などとして活躍していた犬種です。

今回はその犬種について詳しくご紹介したいと思います。

ウォータードッグに分類される犬種

ウォータードッグを見分けるのはさほど難しくなく、羊のようなカーリーな毛質が特徴の中型犬で、水がとても大好きな犬種です。

郊外や田舎においてとても役立つ犬ですが、庭や外にある程度の広さがあるご家庭のペットにもぴったりです。

では、早速6種類のウォータードッグを見ていきましょう。

こちらもご参考に:グループ8に当てはまる犬たち: FCIによる犬種の分類

ウォータードッグ2

1.バルビー

フランス原産のウォータードッグであるバルビーは、最大でオスの場合、身長 65 cm 、そして体重 28 kgまで成長します。

長くカーリーな羊毛状の毛質を持つバルビーは、黒、グレイ、そして茶色であることがほとんどです。

バルビーはとても明るく、賢く、従順で、常に楽しそうにしている最大の「相棒」となる犬種です。

さらに、学習能力が高く、子供や高齢者とも仲良く暮らすことができます。かつては水の中から鳥を集めてくる仕事をして活躍していました。

2.アメリカン・ウォーター・スパニエル

アメリカ原産のこの犬種は、北アメリカ以外ではあまり知名度のない犬です。

この犬が最初に現れるのは19世紀ごろの資料ですが、この犬が正確にどこから来たのかは定かではありませんが、カヌーハントの際に、アヒルなどを拾う鳥猟犬として活躍していました。

コッカ・スパニエルと非常に似ているこの犬種は、活発で賢く、とてもフレンドリーな性格で、常に飼い主を喜ばせようとします。

何か飼い主にあれば必ず飼い主を守るほど従順で、人間にとって最高の相棒になる犬種です。

3.プードル

プードルは、15世紀ごろに貴族のために作られた犬種で、ルネッサンス期以降はウォータードッグとして、湖や川などでアヒルやスワンを拾い集める鳥猟犬として活躍しました。

プードルには4つの異なるサイズがあり、大型、中型、そしてミニチュアとトイです。

どのサイズも羊毛状のカーリーヘアなので、定期的なブラッシングを行うことで毛の絡まりを予防してください。

プードルは楽しく、活発で遊び心のある犬であり、子供とも仲良くできる犬種ですが、飼い主がプードルを訓練する必要があります。

適切な訓練を受ければ、状況に適応し、家具など家の中ものを壊したりすることはありません。

4.スパニッシュ・ウォーター・ドッグ

スパニッシュ・ウォーター・ドッグは、スペインのアンダルシア州原産のウォータードッグで、最初は牧羊犬として活躍していました。

その祖先は711年にイベリア半島にやって来たアラブの犬種の一部だと考えられています。

黒、ベージュ、茶色、または白い毛のこの犬種は、運動能力が高く、耳が垂れているのが特徴的です。

性格は忠実で従順、そして勇敢で勤勉な穏やかな性格です。

本能として狩猟能力を備えているため、家を守る番犬としても良い働きをします。また、水が大好きな犬種なので、水遊びが大好きです。

5.ヴェッターフーン

ヴェッターフーンは、オランダのフリースランド州原産の犬種であり、ウォーターフンドという名前が変化したものだとも言われています。

中型で、オスの場合、身長59cm、体重35kg程度まで成長します。

黒または茶色のまだらで、白く太いカーリーな毛質なヴェッターフーンは、足、耳、顔の毛が少ないのも特徴の一つです。

オランダ国外ではほとんど飼育されていないため、希少種とされています。

こちらもお見逃しなく:世界で最も高価な8つの犬種とは?

ウォータードッグ 3

6.アイリッシュ・ウォーター・スパニエル

アイリッシュ・ウォーター・スパニエルは、最も古いスパニエル品種の1つです。

現在の血統は1830年にアイルランドで生まれました。

この犬種は非常に活動的であり、レトリバーや他の狩猟犬と同じ作業を行って来ました。

非常に賢く、学習能力の高い犬種で、警戒心が強く時にとても面白い表情を見せてくれる楽しい犬種です。

この面白い表情から「スパニエルのピエロ」と呼ばれることもあります。また、子供や他の犬と仲良くする傾向があり、丸まった尻尾と濃い赤褐色の毛が特徴的です。

さらに、今回ご紹介したウォータードッグ以外にも次のような犬種がいるんですよ。

  • ポルトガル・ウォーター・ドッグ
  • ラゴットロマーニョロ(イタリア)
  • モスクワ・ウォーター・ドッグ(ロシア)
  • カンタブリア・ウォーター・ドッグ(北スペイン)。

画像はElaine Fichter様とPleple2000様のご厚意により使用させていただいております。