素晴らしきフレンチマスティフ

· 2018年5月28日
彼らは家の守護神です。

フレンチマスティフは今日、世界中で最も有名な犬種の一つです。飼い主に忠誠心を示し献身的なことで知られているフレンチマスティフは、どんな家庭にも理想的なペットなのです。この記事ではもう少し詳しくフレンチマスティフについてお話し、どのような性格が注目を浴びる理由になっているかを見ていきます。

フレンチマスティフ

過去200年ほどの間、フレンチマスティフは人気のある犬種であり、その間多くの取引で使用されてきました。その堂々としていて印象的なルックスのフレンチマスティフは独特な冷静さがあり、一度見たら忘れない顔をしています。他の犬と比べてもとても目立つ存在なのです。

フレンチマスティフは、もともと牛を保護するために使用されていた一般的なマスティフの犬種の一つでした。しかし、ブリーダーは何年もかけてマスティフを狩猟用に変えてきました。

マスティフには以前はそれぞれ特徴が異なる3つのタイプがありました。パリ・タイプ、トゥールーズ・タイプ、ボルドー・タイプです。しかし今日ではボルドー・タイプのみのマスティフしかいません。それは19世紀フランスのボルドーで行われたブリーディングフェアで紹介されて以来、ボルドー・タイプが最も広く普及したからです。

身体的特徴

フレンチマスティフが他の犬種と比べて異なるのはその大きな頭です。フレンチマスティフは体も大きいのですが、その体に比べても頭は大きいのです。

  • 通常、フレンチマスティフの頭囲は胸囲と同じほどある
  • 顔にはたるんだ皮があり、しわが多い(顔を保護する目的とし犬種開発された)
  • 鼻は非常に短く、強力な顎はアンダーショット(受け口)で非常に目立つ。上顎より下顎が長い。
  • 頬は下顎に垂れ下がることが多い
  • 鼻は小さく、他の犬種より鼻が少し高い位置にある
  • 目は小さく丸い
  • 耳は小さく、頭から離れた場所で垂れ下がっている

フレンチマスティフの身体は次のような特徴があります。

  • オスの平均体重は52キロで、メスは平均で45キロある
  • 体高は通常オスで60センチ程度、メスは58センチ
  • くっきりと見える筋肉が付いていて、何もしていない時でもはっきりと見える
  • 胸は体と同じように横幅があり分厚い
  • しっぽは太くて短く、付け根が一番太い

要するに、フレンチマスティフは伝統的にハンターとして使われてきた非常にパワフルな犬であり、顎は獲物をしっかりと噛むように作られているのです。未だに家畜を守る犬としても使われていますが、今日では多くが家を守る番犬として飼われています。

マスティフ子犬

フレンチマスティフの気質

そのルックスから「怖い」と思ってしまうのは仕方のないことです。しかし、フレンチマスティフは攻撃的な犬ではなく、実際にはその反対なのです。フレンチマスティフは物静かで、見知らぬ人の前では見せないかもしれませんが、飼い主には愛情を表現するような犬なのです。

また、フレンチマスティフは愛情あふれる犬で子どもとも仲良くできます。社会的で家族とのアクティビティーに入りたがります。通常、静かで無駄吠えはしません。吠えても泥棒や危険などを察知したときなど、なんらかの理由があるときだけです。

他の犬の前や見知らぬ人の前では一見冷たそうに見えるかもしれませんが、実際はしっかりと集中して飼い主が危険にさらされていないかを確認しているのです。しかし、他の犬種と違い嫉妬はしません。

フレンチマスティフのしつけ

フレンチマスティフは子犬のころからどのような行動が良くて、どのような行動が悪いかを教えられる必要があります。とても賢く物覚えがいい犬ですが、訓練の邪魔になるほどの頑固な性格をしているからです。

ベストは毅然とした態度と優しさを持って良い行動を教えることです。しかし、今までに犬のしつけの経験がない場合は、まずはジャーマンシェパードのような別の犬種からしつけを始めることをお勧めします。

フレンチマスティフによくある健康問題

フレンチマスティフは頭蓋骨が大きく、そのような犬は短頭種と呼ばれています。短頭種の犬は鼻が短いため、呼吸器系のトラブルが多いのです。でも、絶望する必要はありません。通常は軽度なトラブルだからです。もしトラブルが悪化しているようであれば直ぐに動物病院に連れて行きましょう。

フレンチマスティフの寿命は長く20歳以上の犬もいます。しかし、これはエイジング(加齢)トラブルがよく起きるということを意味します。これには関節の問題だけでなく、股関節及び肩の形成不全も含まれます。

フレンチマスティフには皮膚のトラブルも頻発します。顔にあるしわには湿気がこもりやすく、カビが生えやすいのです。感染症や疥癬(かいせん)を防ぐためにも、飼い主はこの部分を毎日清潔に保つことをお勧めします。

最後に、フレンチマスティフには目のトラブルも多く起こります。毎月動物病院で目の検査を行ってもらうといいでしょう。この犬種によく起こる健康問題は他にも甲状腺機能低下症、てんかん、網膜萎縮症などがあります。

ここまで見てきたようにフレンチマスティフは素晴らしい犬ですが、しつけだけでなくケアの面でも注意することがあります。残念ながらこの威厳を感じる犬は生涯にわたり健康トラブルと共に生きていかなくてはいけないのが一般的です。