知っておきたいキツネ4種

· 2019年1月3日
キツネは哺乳類であり、様々な場所に適応できるので、ほとんどの大陸や環境に住んでいるともいえるでしょう。

キツネはしばしば、おとぎ話や寓話、そして昔話などの物語に登場する動物です。

その賢さや「ずる賢さ」などから賞賛されたり恐れられているキツネですが、実在するキツネについて詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

キツネの特徴や種類について理解するためにも、今回の記事を参考にしてみてください!

 

キツネの種類:特徴

キツネは哺乳類であり、様々な場所に適応できるので、ほとんどの大陸や環境に住んでいるともいえるでしょう。

キツネは大きく分けるとイヌ科のキツネ属し、オオカミや犬とも関係があります

キツネは肉食で非常に知的な動物なので、鶏小屋などにこっそりと入り込む方法を見つけ出しますが、オオカミと違い、群れではなく一頭で狩りをします。

キツネの特性

身体的な特徴は、その種類によって異なりますが、一般的には、大きな頭と大きな三角の耳、そしてふわふわした長毛の尾など共通点があります。

こちらもご参考に:アラスカン・マラミュートとシベリアン・ハスキーの違いとは?

一般的なキツネ

一般的なキツネとここで呼ぶのは、私たちの多くが目にしているキツネの品種で、いわゆる「キツネ」として知られているものですが、色は茶色から灰色まで多くのバリエーションがあります。

北半球のいたるところに生息しているキツネですが、オーストラリアには人為的に持ち込まれました。

キツネは、森林、牧草地、高山、ツンドラ地帯、そして沿岸地帯にも生息することが可能です。

ハイイロギツネ

ハイイロギツネは、カナダ南部からベネズエラに生息するアメリカのキツネです。

大きさはコヨーテに似ていますが、長い耳と短い鼻と足が特徴的です。

背中の毛皮の色は灰色ですが、体の一部(顔、耳、胸)の毛皮は赤毛です。

ホッキョクギツネ

その名が示す通り、北極に近い地域と、ヨーロッパそして北アメリカのツンドラ地帯に住んでいます。

氷の壁の内側に洞穴を作るこのキツネは、他のキツネよりも小さめの耳が特徴ですが、寒い生息地の低温に耐えるために毛皮の密度は高くなっています。

ホッキョクギツネの毛皮には2種類あります。

冬の間は完全な白ですが、夏になると毛皮が茶色または灰色に変化します。

これは寒い環境に適応する動物が多く持つ特性で、寒い環境に適応してより多くの熱を保持するために、顔、耳、足は暗い色になります。

ホッキョクギツネは、全滅の危機に瀕していない北極圏の動物の一つで、保護が成功していると言えます。

狩猟は規制または禁止されており、ホッキョクギツネを保護する厳格な法律が存在します。

こちらもご参照を:ワンちゃんの為に冬の寒さ対策をしてあげよう

フェネック

フェネックギツネ

フェネックと呼ばれることもあるフェネックギツネは、日本ではあまり知られていないキツネの一種です。

砂漠のキツネという名前で呼ばれることがあるように、砂漠、特に北サハラ砂漠からシナイ半島にかけて生息しています。

他のキツネと比べて比較的小さいのは、暑い気候に対処するためであり、砂漠の熱い砂から保護するために足は毛で覆われています。

その尾は長くふわふわしており、獲物を捕まえるために最大で2メートルまでジャンプすることができます。

夜行性のフェネックは、げっ歯類、鳥、そしてウサギなどを捕まえますが、虫や卵などを食べるところも発見されています。

また他のキツネとは異なり、パックと呼ばれる群れで行動します。

絶滅の危機に瀕する種類ではありませんが、生息地の環境破壊が原因で、その数は年々減少傾向にあります。

一部の地域では、環境保護とともにこのキツネの保護を目指しています。

最後に、ある研究によると、キツネは森林の生態系のバランスを維持するのを助けていることがわかりました。

毛皮にするために乱獲されているキツネは、絶滅の危機には瀕していませんが、これらの研究がキツネを保護するのに一役買っています。