世界で最も美しい犬種

· 2018年8月30日

犬種によってその「美しさ」は違うのでしょうか?これは飼い主の神経を逆なでするような質問かもしれません。それは母親が自分の子どもが一番と思うように、世界で一番の犬は自分の愛犬だからです。愛犬はいつでもあなたと一緒にいて、無条件に愛してくれます。犬愛好家のなかにはお気に入りの犬種がある人もいますし、犬を飼う基準は見た目ではなく性格を重視する人もいます。

世界で最も美しい犬種9選

見た目や性格の美しさはもちろん、その人の主観によって異なるという意見もあるかと思いますが、今回は世界で最も美しい犬種を紹介したいと思います。

ゴールデン・レトリーバー

誰もが納得の美しいその容姿以外にも、ゴールデン・レトリーバーはフレンドリーで人懐っこい性格で知られています。もともとは19世紀にスコットランドで繁殖されたこの犬種は猟犬に向いています。子犬のときはとても愛らしく、成長と共に飼い主との絆は強くなります。

ゴールデンレトリーバー

美しい犬ということに加えて、ゴールデン・レトリーバーは家庭犬向きです。米国では3番目、オーストラリアでは5番目、英国では8番目に人気のある犬種です。

シベリアンハスキー

シベリアンハスキーは野生のオオカミのようなその姿と、左右の眼で虹彩の色が異なる虹彩異色という2つのユニークな特徴があります。この犬種は寒いロシアの領土で鹿を狩り、そりを引っ張り、子ども達を温める役割を果たした犬でした。

チャウチャウ

チャウチャウはぬいぐるみと間違えてしまうほど似ている特別な犬です。その青みがかった舌も特徴的です。もとは中国北部の犬で、チャウチャウはこの世に存在している数少ない古代の犬種の一つです。

チャウチャウは子犬の頃に適切な社会化が行われていれば静かでバランスのとれた性格をしています。チャウチャウの魅力の一つは、小さなアパートでの生活にも難なく適応できることです。

スパニッシュ・ブルドッグ

スペインの侵攻時代に非常に人気があったスパニッシュ・ブルドッグは、忠実で勤勉な犬であり、戦争中や牛の見守り役としても活躍します。

スパニッシュ・ブルドッグが他の犬種より優れている点を一つ挙げるとすれば、それは勇気です。飼い主を守るため、スパニッシュ・ブルドッグが命を懸けて勇敢に野生の猪などの大きな動物と戦った物語や伝説は数多く存在します。

20世紀にはスパニッシュ・ブルドッグの人気は下火になり、絶滅の危機に瀕していました。

その逞しく厳粛な雰囲気から優雅な印象はあまりないかもしれませんが、スパニッシュ・ブルドッグは忠誠心にあふれ勇敢で忠実なため、ここにランクインするのに値する犬種と言えるでしょう。

ビーグル

もともと英国のこの犬種は、群を抜いて優れた嗅覚で注目を集めました。ビーグルは猟犬としてウサギや他の動物を探し出すのが得意です。今もビーグルは全世界であらゆるもののを検出する犬として主に活躍しています。そして、ビーグルは陽気で社交的であり、そのルックスはとても優雅なのです。

ビーグルの子犬

何世紀にもわたり、ビーグルは芸術的作品に登場しています。

ラフ・コリー

映画やTVでビーグルがエキストラとして登場するのであれば、ラフ・コリーはかの有名なラッシーのおかげで主役です。

ラフ・コリーを世界で最も美しい犬と考える人は大勢います。コリーは非常に頭が良く、他の犬種と比べ物にならない程の学習能力があります。

ニューファンドランド

ニューファンドランドは目を引く存在感ある犬種です。通常は硬く黒い被毛ですが、茶色や白のベースに黒い斑点がある犬もいます。

もとはカナダのニューファンドランドは、子どもの世話が得意です。歴史を通して、この犬種は「働く犬」として知られています。ニューファンドランドは泳ぎに非常に優れていることから、捜索救助によく使われます。全世界で何千もの人命救助を行ってきました。

ポメラニアン

ポメラニアンという名前は、出身地でもある東ドイツとポーランドのポメラニア地方に由来しています。ポメラニアンは、どんな危険や身体的に不利な状況であっても飼い主を守ろうとします。

ダルメシアン

映画やTVにもよく登場するためダルメシアンはとても人気のある犬種です。黒い水玉模様が特徴的で、一目でダルメシアンと分かるこの犬種は世界で最も美しい犬にランクインしました。19世紀、英国の貴族はダルメシアンを高貴で優雅な犬と見なしました。