最古の猫の種類について

· 2018年12月3日
歴史的な資料を調べていくと、歴史上最初に登場する猫に関して興味深い情報が見つかりました。

猫が古代エジプトのファラオのペットで、人々から崇拝されていたことが多くの資料に残っています。

しかし、アジアやヨーロッパでも古い猫種が存在します。最も古い猫の品種は何だったのか、このまま続けてご覧ください。

最古の猫の品種は?

歴史的な資料を調べていくと、歴史上最初に登場する猫に関して興味深い情報が見つかりました。

前述したエジプトのほかに、タイ、トルコ、ビルマ、日本、ノルウェーにつながる痕跡があります。

ここからは、最古の猫種の一部をご紹介します。

エジプトの猫

1.エジプト・マウ(紀元前1400年)

現在いる品種は、ローマ帝国によってイタリアに持ち込まれた後、アメリカに渡った種類ですが、古代エジプトの猫を意味するマウは、カイロの彫刻に登場する猫にとても似ています。

他の猫とは決して間違えることのない、独自のパターンを持つ、明るい茶色の毛は、マダラやブチの大きさがそれぞれ異なる、特定のパターンに従わない柄です。

前足は、後ろ足よりも短く、足が小さくとても繊細です。頭は三角形であり、尾は先端に向かって細くなります。

知的で、独立心に満ちていますが、友好的で愛情のある品種でもあります。飼い主や自分のおもちゃには強い独占欲を示すため、子供と一緒のご家庭にはおすすめできません。

こちらもご参考に:猫と飼い主のコミニケーションに関する研究

2.コラット(紀元前1350年)

「幸運の猫」としても知られるコラットはタイ王国に起源を持つ猫種です。

最初に記録されたのは、14世紀の「Cat-Poems Book(猫の詩の本)」ですが、コラットは何百年も前からタイ王国にいたとされています。

人間が手を加えた品種ではなく、自然のままの純粋な猫種であるコラットは、コンパクトで優雅な体と、シルバーブルーの毛皮、大きな尖った耳、アーモンド形の青い目、長い尾、そしてくさび形の顔が特徴です。

体重は約5 kgまで成長し、大人や子供と仲良く暮らすことができます。

平均的な寿命は約16年と言われています。

こちらもご覧ください:猫の年齢:人間で言うと何歳?

バーマン 最古の猫

3.バーマン(西暦500年)

ビルマの聖なる猫と呼ばれる、もっとも古い猫の一つであるバーマンには、伝説の中にその記載があります。

何世紀も前、人々はツンキン=クスと呼ばれる女神を崇拝するために寺院を建てました。この寺院の司祭は、白い猫とともに祈ることが多くありました。

ある夜、寺院に泥棒が侵入して司祭を殺しました。そして、猫は司祭の胸の上に乗り、足先だけは白いまま、青い瞳と金髪の女神の姿へと変化したのです。

このスピリチュアルなエピソードが人々に知れ渡り、これ以降バーマンは「神聖な猫」そして「女神の生まれ変わり」として大切な存在として扱われています。

一人でいることを嫌うバーマンは非常に友好的で愛情豊かです。知的で非常に落ち着いたバーマンは遊び心がありながらとても忠実です。

ペルシャ猫とシャム猫の中間種とされています。

4.ターキッシュバン(ローマ時代)

ターキッシュバンは、トルコのヴァン湖周辺の山岳地帯に由来する品種ですが、トルコ国外ではあまり知られていません。

古くからトルコの人々がペットとして飼っている猫で、1950年代にイギリスに輸出されて以来、最近その人気が高まっています。

この猫は、海抜1600メートルの悪天候でも生き延びられる、厚い層状の毛皮を持っています。

後足は前足よりも長く、性的に成熟に達するまでに3年かかります。大きな体が特徴的なターキッシュバンは、好奇心旺盛で活発で遊ぶのが大好きです。

また水を怖がらない種類としても知られています。

5.ヨーロピアンショートヘアー(ローマ時代)

何千年も前に北アフリカで生まれたとされるヨーロピアンショートエアですが、ローマ人によってペットとしてヨーロッパに持ち込まれたことが始まりとされています。

彼らの祖先はジャングルの猫であり、アジアの野生の猫の遺伝子を持っていると考えられます。

広い胸、離れた耳、短い花と太い尾を持つ丈夫な体が特徴的で、普段は病気にかかることはほとんどないと言われています。

また短くて明るめのふわふわとした2~3色の毛皮を持っています。

今回ご紹介した以外にも、ノルウェージャンフォレストキャット(古代)、日本猫を起源とするジャパニーズボブテイル(11世紀)、シャム猫(14世紀)、シャルトリュー(14世紀)、トルコアンゴラ(15世紀)などの古い猫の品種があります。