ラブラドールレトリバーの育て方

· 2018年8月8日

この犬種は人懐っこく社交的な性格でとても賢いため、初めて犬を飼う人にもおすすめです。しかし、健康的な体重を維持するためには、ラブラドールはしっかりと運動することと適切な食事が必要になってきます。

ラブラドールレトリバーは、その美しいルックスだけでなく、フレンドリーで優しい性格のために世界で最も価値のある犬種の一つです。 ペットにする人が多いのも不思議ではありません。あなたもラブラドールレトリバーを家に迎え入れようと考えているのであれば、育て方を知っておくといいでしょう。今回は役立つアドバイスをご紹介します。

ラブラドールレトリバーを育てるのに知っておくべきこと

気候

犬を飼う前には、その犬に適した気候と実際に飼う環境の気候を考えることが大切です。小型犬は簡単に環境に適応しますが、大型犬は気温に慣れるのが大変なのです。

例えば、ラブラドールは高温にも耐えられることで知られているため、熱帯気候や暑い気候に最適です。暑くても元気で活発に動き回ります。一方で、ラブラドールは寒い気候には弱いのです。

運動

ラブラドールは、さまざまな職種で働く犬としても知られています。その大きさから分かるように、健康でいるため、そして退屈しないようにするためには、たくさんの運動が必要です。

ラブラドールは、特に小さな場所に住んでいると退屈してしまう傾向があるため、決して攻撃的な性格ではなくても狭いところに住むと物を壊すようなこともあります。

家族

一人暮らしの人でも問題はありませんが、ラブラドールは社交的な性格のため特に子供がいる家庭を好みます。ラブラドールは辛抱強く、子どもとゲームやスポーツするのが大好きです。ラブラドールは疲れることがないほど元気いっぱいです。

ポジティブな声掛けや態度

ラブラドールは穏やかな性格なので、怒鳴られたり叩かれたりするのは得意ではありません。ラブラドールは賢く穏やかな大型犬ですが、主従関係をはっきりさせるために大きめな声かけが必要になることもあります。

 

ラブラドールのしつけ

動物に基本的なコマンド(指示)や家のルールを教える際には、正の強化を用いることが一番有効です。そして、これはラブラドールにとっても重要です。実際に、ポジティブな声掛けや態度を示さないとラブラドールは反抗的になり、攻撃的な行動に出ることもあります。

食事

ラブラドールは食べ過ぎることで知られています。しかし、それは他の犬でも同じことが言えます。犬の食べ残しを片付けないと、全部食べてしまうことでしょう。残念なのは、この犬種は肥満になりやすいということです。一番いいのは、犬に与える食べものをコントロールすることです。食べものの量だけでなく、1日に食べる量もです。

愛情

この犬種は注目されることが大好きで、いつでも愛情を欲しがります。寂しがり屋で、寂しくなると否定的な態度をとります。もし家を留守にすることが多いのであれば、もう少し自立した犬種を飼うことを検討した方がいいかもしれません。

ラブラドールの社会性

特にラブラドールは自分も家族の一員と感じることが必要です。撫でられ、愛され、全てのことに参加したいのです。休暇は一緒に連れて行くつもりでいた方がいいでしょう。

遊び

人間が他の人と一緒に時間を過ごしたいように、犬も他の犬と一緒に遊びたいのです。においを嗅ぎ、一緒に遊んだり散歩するような犬がいるような公園に連れて行くといいでしょう。可能ならラブラドールは1匹でなく、2匹飼うといいでしょう。

ラブラドールレトリバーは特に他の犬種よりも育てるのが大変ではないことがお分かりいただけたでしょうか。ラブラドールは優しく人懐っこいので、ラブラドールを飼うことで飼い主の毎日は楽しく、リラックスしたものになることでしょう。