招き猫のモデル:ジャパニーズボブテイル

· 2019年1月8日
ジャパニーズボブテイルは古い歴史を持つ猫です。性格は愛情深く、常に注目と愛情を求めて飼い主について回ります。

ジャパニーズボブテイルは、おそらく世界中で最も有名な猫の1種です。一部の人々は幸運をもたらす猫だと信じているそうですよ。今回はこのジャパニーズボブテイルについてご紹介します。

ジャパニーズボブテイルは日本最古の猫種の一つです。どの種に由来しているか実際には誰も知りませんが、日本人と共に暮らしていたことが長いことは確かです。また、ジャパニーズボブテイルが伝説、神話、怪談に登場していることを示す記録は15世紀にまでさかのぼります。

ジャパニーズボブテイル2

この猫は6世紀ごろに中国に渡ったと考えられています。17世紀には、封建制度の日本で家の周辺を歩いているところを見かけるのは普通のことでした。

ジャパニーズボブテイルの特徴

ジャパニーズボブテイルは中型の猫で、バネのように丸くなった短いしっぽが特徴です。この丸まったしっぽは劣性遺伝によるものです。ウサギのしっぽのようにも見えますが、ジャパニーズボブテイルのしっぽはポンポンのように被毛が詰まって生えています。ほとんどの東洋の猫のように、ジャパニーズボブテイルは細身ですらっとしていますが、若干筋肉質なのも特徴です。

後ろ足は前足よりも大きいため、いつでも何かに飛び乗ろうとしているようにも見えます。被毛はとても滑らかで柔らかく、しっぽ以外は比較的長めです。しっぽはその意外性から多くの注目を集めます同じジャパニーズボブテイルであっても、猫によってしっぽは異なります。被毛には、体のいたるところに大きくてカラフルな模様があります。毛色は白、茶色、黒などあり、クリーミーな色合いもあります。顔はほお骨が高く三角形で、目立つひげが生えています。耳はピンと立っています。目は他の東洋の動物のようにクリっとしていて丸いです。

こちらもご覧ください:最古の猫の種類について

 

遊ぶのが大好きな猫

ジャパニーズボブテイルは家庭で飼うのに最適です。非常に活発で、住んでいる環境に興味を持つ遊び心のある猫です。性格は愛情深く、常に注目と愛情を求めて飼い主について回ります

  • ジャパニーズボブテイルは「おしゃべり好き」です。話しかけられると、ニャーと返事をします
  • ジャパニーズボブテイルは手で挨拶をするのが大好きです。ドアがそっと開けば、訪問者を歓迎しているところが見られます。
  • 遊ぶのが大好きなので、子どもとの相性はとても良いです。子どもとのふれあいは、ジャパニーズボブテイルにとって楽しく運動ができる健康的な方法です。

また、ジャパニーズボブテイルはほぼすべての病気に抵抗力がある非常に健康な猫です。繁殖に関しては、母猫は一度に3~4匹の子猫を産み、子猫は他の猫種より早く歩けるようになります。

  • 産まれた時点でしっぽは既に部分的に発達しています。そして、その後も発達を続けます。

16世紀の間、シルク産業はジャパニーズボブテイルの存在により危機に瀕していました。カイコはジャパニーズボブテイルが大好きな獲物の一つだったからです。その結果、ジャパニーズボブテイルは外で飼われるようになりました。

 

神秘的な猫

ジャパニーズボブテイルは、いくつかの神話のインスピレーションになるほど日本には馴染み深い猫です。

ジャパニーズボブテイル 3

合わせて読みたい:世界的には珍しい三毛猫:その特徴と知られざる事実

 

悲劇的な起源

日本の伝説によると、ジャパニーズボブテイルの特徴的なしっぽは住宅火災の際に燃えてしまったと言われています。恐怖心に襲われたこの猫は、しっぽが燃えたまま街を走り回り、その行く手にあるものすべてを燃やしてしまいました。そこで、天皇は二度と同じことが怒らないように、すべての猫のしっぽを切るように命じたと言います。

化け猫

日本の民話によると、ジャパニーズボブテイルはある年齢と大きさになると化け猫になるそうです。攻撃的になり、しっぽは成長し、街をさまよいながら旅行者に悪さをするのです。

これとは対照的に、日本には招き猫も存在します。東京にある豪徳寺は、この伝説のための寺院です。招き猫の置物は世界中にありますが、不思議なことに、人々は招き猫を中国の伝統だと考えています。

ご紹介してきた通り、ジャパニーズボブテイルは飼い猫として最高な猫種の一つです。常に幸せをもたらし、素晴らしい話し相手になることでしょう。そして、古代日本の伝説を信じるのであれば、もちろん幸運ももたらしてくれます。