小型犬ケアの5つのコツ

· 2018年6月3日
ペットの幸せと健康のために、これらのコツを学びましょう

ペットを飼うと決めた時、私達はペットの世話と様々な心身の幸福において責任を持たなければならなりません。

しかし、ご存知の様にすべての動物が同じケアを必要とするわけではありません。今回は小型犬のニーズについてご紹介しましょう。

1、夏の高温の天気における小型犬の世話

青色のリボンをつけた犬

犬の毛皮は寒さと暑さ、両方の場合に熱を調節する機能を持っている事はよく知られています。しかし、毛皮が厚くなく脂肪も他の犬に比べて少ない小型犬はその小さな体のために体温調節が正確にできない危険があります。

体重が2キロ未満の動物は低体温症が一般的であることに注意してください。

これらの理由から、1年を適切な服で暖かく保つことが不可欠です。しかし、低い温度だけでなく、温度計が示すよりも寒く感じる風や雨、湿度にも充分気をつけましょう。

すべての動物が同じケアを必要としているわけではありません。今回は小型犬のニーズについてお伝えしています。

2.食品

小型犬の代謝速度はより早いことが知られています。これは上記で述べたように、体温を維持するためにエネルギーを多く必要とするからです。だから、小型犬はより頻繁に食事をし、より多くのカロリーを消費する必要があります。

ペット製品市場では、栄養面のニーズだけでなく、口のサイズを考慮した小型犬専用の優れた食品を売っています。小さなキブル(ドッグフードの粒)は、消化を容易にし、口腔ケアもできます。

犬の食事のバランスを取るための最良の方法については獣医に相談しましょう。そして家で調理した食べ物与える場合は、間違いなく正しい食事を提供していることを確認してください。

3.歯

小型犬の中には3歳を過ぎた頃からはに劣化を生じ始めます。歯の問題に気をつけるためのサインは以下のものがあります

・口臭

・歯茎の出血

・痛みや不快感を感じているために口の検査を拒否する

定期的に歯を磨く事は犬の口の健康守る基本的な習慣です。もう一度歯磨きを正しく行っているかどんなオーラルケア製品を使用するべきか専門家に尋ねてみてください。歯磨きに加えて、獣医による定期的検診やクリーニングをしましょう。

さらに、犬のサイズに合った食べ物を与え、犬用歯磨きおやつを与える事は、歯をきれいに保ち、歯石を取り除くのに役立ちます。そして特徴的なデザインを持ったデンタルケアのおもちゃは歯垢するのに役立ちます。

4.爪

爪切りはすべての犬において必要なケアですが、小型犬の場合より注意を払う必要があります。小型犬は大型犬に比べて爪がすり減りにくいので頻繁に爪を切る必要があります

なぜなら、小型犬は家の中で過ごすことが多くより定期的に外で運動する大型犬に比べて爪が削られる機会が少ないからです。それに加えて軽量の体では爪をなかなか取り除くことができません。

爪が長すぎるために歩きにくくならないように頻繁に爪を切ることが重要です。もし正しくできているか心配だったり傷つけるんではないかと爪を切るのを怖がっている場合は獣医に相談してください。

5.心臓

獣医に抱かれるチワワ

小型犬の約60%において心臓の弁に異常が起き、心臓が弱くなり十分な血液が送られないようになってしまいます。これらは10歳を過ぎるとより頻繁に現れます。過度の喘ぎのような兆候に気をつけて定期的な診察をすることがペットの心臓病を予防するのに役立ちます。