カッコいい!7種類のグレイハウンド

· 2019年1月22日
グレイハウンドはドックショーや狩猟のためだけのものではなく、素晴らしいペットになってくれる犬です。その敏捷性とスピードが特徴的な犬種で、走るスピードは最高時速70キロに達することもあります。

グレイハウンドは、そのしなやかな身体や長い脚、そして広い視野により、レースや競技に最適な犬と考えられていますが、実はグレイハウンドには多くの種類があり、それぞれにいくつかの類似点があります。

まずグレイハウンドは、エジプトのファラオ時代に生まれたと言われており、エジプトの多くの歴史的資料から、彫刻や絵画などの多くのエジプト芸術に描かれていたことが明らかになっています。

現在グレイハウンドは、世界中で、特に南西アジアに多く存在しています。

 

レースや狩猟で使われるイメージがありますが。比較的落ち着いた性格の上、恥ずかしがり屋な面もあるため、自宅で穏やかに過ごすことができる素晴らしい仲間になる犬種です。

グレイハウンドの種類

毛皮や原産地によってグレイハウンドをいくつかに分類することができます。

今回はその中でも最も有名なグレイハウンドを7種ご紹介します。

1)スパニッシュ・グレイハウンド

スパニッシュ・グレイハウンドは、純血種で、太身の胸と長い足を持つ、身体能力の優れた引き締まった犬です。短くて細いストレートの毛が特徴的ですが、一部は短くて硬い毛です。毛色は、黒、黄色、シナモン、赤茶色、または白です。

オスの体重は最大30キロ、メスの体重は最大25キロです。スパニッシュ・グレイハウンドが走ると、最高時速70キロメートルにも達するほど、走るスピードの速い犬種です。

過去には、スペインでウサギを狩りに使われた狩猟犬です。

ドッグレース

現在では、スパニッシュ・グレイハウンドは、速さを競うレースに使用されています。

また、ペットとして素晴らしい「仲間」となる性格を持っています。

こちらもご覧ください:スパニッシュ・グレイハウンド:歴史ある犬種

2)スルーギ

スルーギまたはアラビアングレイハウンドは、北アフリカ出身で、モロッコ、チュニジア、リビア、サウジアラビアで主に見られます。

細い鼻、短い毛、そして毛色は砂色やフォーンと呼ばれる砂漠の砂の色に近いものが多くあります。

豊富なエネルギーと素晴らしい機敏さを持っているので、牧羊犬として羊の良い番犬になります。

こちらもご参照を:グループ8に当てはまる犬たち: FCIによる犬種の分類

3)ボルゾイ

ボルゾイは、ロシア原産のグレイハウンドで、波状の長い毛がよく知られています。平均的な身長は80センチ、体重はおよそ22キログラム程度にまで成長する、丈夫で背の高い犬です。

ボルゾイはオオカミやウサギを狩猟するために飼育されていましたが、現在は日本でもペットとしての人気が高まっています。

4)アフガンハウンド

アフガニスタンのグレイハウンドは、グレイハウンドの中で、世界中で最も有名な犬種と言えるかもしれません。

長く絹のような毛が特徴的なアフガンハウンドは、視覚的にとても魅力的で、信じられないほど知的です。

ここまでにご紹介してきた他のグレイハウンドとは異なり、アフガングレイハウンドは、ドッグショーや美しさを競うコンテスト向けに飼育されることが多くあります。

アフガンハウンド グレイハウンド

注目すべきは、以前は狩猟犬だったにもかかわらず、今では他のタイプのグレイハウンドほど、走る速度は速くはないと言う点です。

5)サルーキ

ペルシャグレイハウンドと呼ばれることもあるサルーキは、現存する中で最も古いグレイハウンドの1種です。

スリムなボディを持つサルーキには、短毛タイプと長毛タイプがいます。

身長は71センチにまで達することがあり、体重はおよそ30キロになります。

野生動物を狩るために使用されることが多くあります。

6)イングリッシュ・グレイハウンド

このイギリスのグレイハウンドは、その極上の優雅さで有名です。

グレイハウンドの中では中型のこの犬種は、身長は51センチメートル程度まで成長します

かつてはウサギの狩猟を専門としていましたが、今では彼らはレースに使われています

グレイハウンドの中でも、最も速い加速時間を持つイングリッシュ・グレイハウンドは、「スナップ犬」と呼ばれることもあります。

7)スコティッシュ・ディアハウンド

スコティッシュ・ディアハウンドは、その不均一で毛羽立った、灰色の毛皮が有名です。

スコットランドのジプシーたちのお気に入り犬種であるスコティッシュ・ディアハウンドは、信じられないほど敏捷で足が速いため、キツネ狩りに使用されています。