ジャーマンシェパードのブリーディングについて

· 2018年6月24日

その堂々とした出で立ちと従順さで知られているジャーマンシェパード。そのジャーマンシェパードがきちんと成長するには一定の条件が必要です。重要なポイントは食事としつけです。そして、家族と時間を共にすることでジャーマンシェパードの攻撃性は軽減されます。

ジャーマンシェパードは、働く犬としてだけでなくペットとしても最も大切にされている犬種の一つです。ジャーマンシェパードの優しい性格と従順さ(そしてその他の特徴)が、多くのブリーダーを虜にしてきたのです。今回はシェパードのブリーディングで役立つポイントをご紹介します。

ジャーマンシェパードのブリーディングについてのルールと原則

  • 子犬を繁殖させようとしてはいけません。ブリーダーの多くは、後に交尾するように2匹のジャーマンシェパードの子犬を飼います。子犬には気が付きにくい身体的欠陥がある可能性があり、子孫へと受け継いでしまうことがあります。そうではなく、2匹の認定された「完璧な」純血種の成犬を飼う方がいいでしょう。
  • 証明書は、犬の性格が典型的なものであるかを決定するので、考慮すべき最も大切な要素の1つです。典型的な性格とは、勇敢で、忍耐強く、知的で忠実です。
  • ブリーディングは、そして特にジャーマンシェパードのそれは人間の欲により大規模に行われてきました。しかし、これは間違いです。ジャーマンシェパードは、その性格や特徴から静かでオープンな環境で育つ必要があります。 そうでないと攻撃的な性格になってしまう可能性があります。
  • ブリーディングは、ブリーディングの知識がある人からアドバイスを貰うのがいいでしょう。ブリーディングの初心者は、専門家からのガイダンスがないとありがちな間違いを犯してしまいます。ブリーディングで成功するにはここでご紹介することを取り入れることをお勧めしますが、獣医や先輩ブリーダーから助言してもらうのもいいでしょう。
  • 純血種の犬からは純血種の犬が育ちます。しかし、たとえ純血種の犬と認定されていても、第3、4世代になってくると100%ジャーマンシェパードではなくなってくる可能性があり、未来の世代へ何らかの欠陥が受け継がれている可能性もあるのです。
1列の子犬

そして・・・

  • 子犬が優れた特徴を持って育つには食事は非常に大切です。DNAも大切ですが、その後のケアはジャーマンシェパードのブリーディングに重要なのです。
  • 劣悪な環境は全てを台無しにし兼ねません。犬の知性、勇気、そしてその他の能力の発達には自由に動けることが必要です。ケージに入れてしまうと病気になったり弱ったりし、不安が強い犬になってしまう可能性があります。
  • 犬の質は容姿だけでないということを忘れないでください。新しい里親の注意を引くのは確かに容姿ですが、犬の価値は前の世代から受け継がれた能力や特性で決まるのです。

ジャーマンシェパードの育て方

ジャーマンシェパードはその堂々とした出で立ちと従順さで名高い犬種です。

しかし、しつける際にはそれ以外の特徴にも着目する必要があります。その大きさから、ジャーマンシェパードは子犬の頃から浸透させるべきルールがあります。

社会性を育む

ジャーマンシェパードはグループの一員、すなわち家族の一員として自分を認識することが重要です。他の人や動物の愛情を感じることが大切なのです。この愛情がないと攻撃的な性格になってしまいます。

犬と子ども

シェパードは、一人で過ごす時間が長くなる場合、おもちゃなど何か楽しませるものを与えましょう。退屈すると破壊的な行動に出てしまうことがあります。これを防ぐには、もう1匹ペットを飼うのもいいでしょう。

正の強化

紳士的な性格で知られていますが、ジャーマンシェパードは自分が力強い犬だということをよく知っています。そして、必要があればその力強さを自分のために使うこともあるのです。だからこそ、家でのボスが誰かということを子犬の時から教える必要があるのです。家族や他の犬といるときに、自分がボスと錯覚させてはいけません。

餌を与える際の注意

ジャーマンシェパードは健康的で体が強い犬ですが、お腹は弱いので餌には気を付けなくてはいけません。正常な発達には高品質のドッグフードと摂取カロリーの管理が不可欠です。ジャーマンシェパードは飼うのには最も素晴らしい犬種の1つです。是非ここでご紹介したヒントをもとに育ててみてください。