どうしてチワワは震えるの?

· 2018年5月30日

小さい体にとんがった耳と言えばチワワの代名詞です。そして、そんなユニークでチャーミングな見た目にたくさんの人が恋に落ちます。しかし、一方でチワワはあまり良さそうには見えない特徴も持ち合わせています。そう、チワワは震えるのです。

なんで震えるのでしょう?良い事なのでしょうか?悪い事なのでしょうか?という事で、チワワを飼っていたり、これから飼う予定のある人にとっては、今日の記事は特に面白いものになると思います。

なんでチワワは震えるの?

チワワが震えるのにはいくつかの理由があるとされています。でも大丈夫、そんなに深刻なものではありません。よく言われる理由としては、
腕に抱かれるチワワ
  • 血糖値が低い。チワワは小さくて虚弱な体をしているため、血糖値が低い傾向にあり、そして体が震えるのです。一見非常に恐ろしいですが、でも大丈夫。数分で震えは止まるはずです。でももし長い間ずっと震え続けている場合は獣医師に相談した方が良いかと思います。おそらく血糖値を正常にする薬を処方してくれるでしょう。ちなみに、どんな事があっても絶対犬に砂糖を与えたりしないでください。
  • 興奮している。チワワは感情の起伏がとても激しい動物です。あなたが餌をやろうとする時、散歩に行こうとする時、もしくは一緒に遊んであげようとする時、それを感じ取ったチワワは興奮して震えるのです。
  • 恐れている。どこかから引き取った愛犬が、しばしば理由もなく震えるような場合は、恐怖が起因しているかもしれません。というのも、過去に虐待を受けたりして、常に何かに怯えながら生き続ける犬もいるのです。そういう時は、愛と忍耐こそが最高の処方箋となります。時間はかかるかもしれませんが、じっくりその子に愛情を与え、恐れることは何もないと教えていきましょう。長い道のりになるとしても、です。
  • 寒い。さらに、チワワは体温が低めの傾向にあり、私たちが暑いと感じている時も、彼らにとっては寒い可能性もあります。例えば、夏の暑い日に愛犬を外に出しておき、私たちは家の中でクーラーをつけて暮らしているとしましょう。すると、室内に入ってきた時、急な気温変化のせいで震える事があるのです。
  • 緊張している。上でも述べましたが、チワワは感情の起伏の激しい動物ですので、緊張する事もよくあります。しかも何か特別な事が起こったとかではなく、理由もなく緊張するのです。こうなると、泣いちゃう事もあります。そんな時は、撫でてやり、優しく語りかけてやるのが一番です。
  • 遺伝。そうです。チワワが震える理由はチワワだからです。なぜかって?だって小さい体にも関わらず、剛毅な性格をしているからです。こう考えてみてください。その剛毅な性格はそんな小さな体に収まりきれない、と。つまりたくさんのエネルギーが小さな場所に閉じ込められているので、震える事でエネルギーを消費しているのです。
こっちを見つめるチワワ

  • 耳痛。この類の震えは容易に見分ける事ができます。というのも、普通の震えをしながら時々明らかに違い類の震えをするのです。耳痛から来る震えは、普通のものより強めで、しかも突然頭を動かしたりもします。もし愛犬がこのような動きをしていたら、直ぐに動物病院に連れていきましょう。
  • エネルギー。最後に、チワワはとても強い代謝能力を持っている為(体が小さい事も関係しています)、体内にエネルギーが溜まり震えとして現れる事があります。でもどうやって止めれば良いのでしょうか?簡単です。運動させたりする事で、過剰に溜まったエネルギーを消費させてやるのです。とりあえず外でも走り回らせてみてください、おそらく震えは止まるようになるでしょう。

上で述べてきた通り、チワワが震えるのにはたくさんの理由がありますが、その原因は簡単に見分ける事ができます。ですので、愛犬の行動をしっかりと観察し、もし何か異常があれば直ぐに動物病院に連れて行ってください。