大好きなワンちゃんには最高の名前を授けよう

· 2018年10月14日
ふさわしい名前は選ぶのは簡単なことではありません。一生のことなので軽く考えずしっかり考えましょう。

 

犬を飼うときに悩むのはその名前の付け方です犬らしい名前はいくつもありますが、飼い主としては、自分の愛犬はユニークで特別だと思っているので、一番ふさわしい名前をつけようと考えます。ではどうやってペットにぴったりの名前を選べば良いのでしょうか?大好きなワンちゃんに最高の名前を授けてあげましょう。

犬にふさわしい名前を選ぶと、犬は自分の名前をしっかりと認識できるようになります。もちろん名前をつけるときはしっかりと考えることが大事で、例えば大型犬の子犬を買って小さい可愛らしい名前をつけたとすると、大きくなったときにその名前は似合わないでしょう。今回はペットにぴったりの名前をつけるコツをご紹介します。

ペットにつける理想的な名前

理想的な名前:短い名前

犬と子供

多くても2つの音節の名前が良いでしょう。1番いいのは「あ」もしくは「お」の母音が入った名前です。理由は分かりませんがこの2つの母音が入った名前は犬が認識しやすいのです。名前が長すぎると犬は名前を覚えることができません。

理想的な名前:発音しやすい

独創的な名前は良いですが、あまりにもユニークだと問題もでてきます。また、発音が難しい名前は避けるべきです。あまりにも複雑な名前を選ぶと初めてあなたの犬に会った人は名前を覚えられず、犬もその名前を受け入れない可能性があります。

理想的な名前:長い目で見る

先ほどお話したように長く使っても問題のない名前を選びましょう。大型犬のグレート・デーンに「プーチ」(小さいワンちゃん)と言う名前をつけるとします。でも、小型犬のヨークシャーテリアの方がその名前にふさわしいと思いませんか。

理想的な名前:人もしくは動物の名前

「自分の好きなようにする」と言う言葉があるように、人間の名前を犬につける人も少なくありません。その一方、人間の名前をつけた人を非難する人もいます。私たちのアドバイスはただ短く発音しやすい名前をつけてほしいということです。それが守られているならば、あなたが1番好きな名前をつければ良いでしょう。

理想的な名前:犬の特徴に合った名前

犬を飼う前からもう名前を決めているかもしれませんが、犬に会ってからの方がその子にピッタリの名前がつけられるでしょう。犬の仕草や態度を観察しているうちにふさわしい名前が頭に浮かぶかもしれません。皮膚の色や目の色、何か特徴的なものからヒントを得るかもしれません。

理想的な名前:前の名前と同じもの

寝そべる犬

飼う前に犬にはもう名前があるかもしれません。犬がその名前に反応しそれが自分の名前だと思ってるのなら変えない方が賢明です。犬は混乱して、変えても新しい名前に反応しないかもしれません。

理想的な名前:じっくり考えて選ぶ

名前を決めたら、犬はそれが自分のものだと認識するまでに時間はかかりません。しっかり名前を考えて何回も変える事はしないようにしましょう。何度も変わると、犬は混乱しどれが自分の名前か分からなくなります。

ふさわしい名前は選ぶのは簡単なことではありません。今回ご紹介したように、名前を決めるのに役立つコツがたくさんありますが、一生のことなので軽く考えずしっかり考えましょう。今回ご紹介したコツを使えば、オリジナリティに溢れ、短く、発音のしやすくその犬の個性に合った素敵な名前をつけてあげられると思います。