小さいのに気が強い犬たち

· 2018年5月13日

人は見かけによらないとよく言いますよね。私たちのペットも同じです。世界一大きいと言われているグレート・デーンのような大きな犬は、実はとても忠実で、フレンドリーな上に落ち着いた性格です。

その一方で、中型犬のシュナウザーもいます。彼らはフワフワしたかわいい見た目とは裏腹に、不愛想で自立した性格であることがあります。

今回は、一番小さな犬が、一番気が強いということを主張したいと思います。あなたはどう思いますか?

小さいけれど気は強いワンちゃんたち

プードル

以下が気が強い性格を持った小型犬たちのリストです:

オーストラリアン・シルキー・テリア

テリア犬種のこの小さな犬はよく吠え、他人に対して人見知りすることで知られています。見知らぬ人に対しては不愛想ですが、慣れている人にはとてもフレンドリーです。

ビション・フリーゼ

このワンちゃんの一番特徴的な所は毛でしょう。そして、この犬種はなかなか壮絶な歴史を持っています。最初は貴族の愛玩犬として飼われていたのに、見捨てられてしまったのです。それゆえに疑い深い性格なのかもしれません。また、オーストラリアン・シルキー・テリアのように、家族を一番に優先するので、見知らぬ人がいなければ家の中ではとても性格が良いワンちゃんになるでしょう。

プードル

プードルと聞くと、美しくて真っ白な(他の色もありますが)クルクルした毛並みの犬を思い浮かべるでしょう。けれど、他人に対して一番性格の悪い小型犬のカテゴリーに当てはまります。

けれどそれは、特に危険にさらされていなくても家族を守ろうとする彼らの過保護な性格から来ています。ですから大切な人たちの周りに見知らぬ人がいるのが嫌なのです。

チワワ

飛び出た目とミニサイズな体のおかげでチワワはとても個性的な犬に見えます。けれど、子犬の頃から社交性を身につけておかないと、知らない人に対してとても神経質になります。家ではまるで王族のように振る舞い、あなたのことを無条件に愛してくれます。けれど、彼らのテリトリーには踏み入れないようにしましょう。

ダックスフンド

ダックスフンドは何百年か前にドイツで生まれた小型犬種で、「ソーセージ犬」としてもよく知られています。アナグマの巣穴を見つける仕事をしていたからか、とても賢く好奇心旺盛です。

彼らは気が強いので群れのリーダー的な存在に群れの中での立ち位置を示してもらわないといけません。ですから、主従関係をしっかり築かないと、他人にも、そして飼い主に対しても攻撃的になってしまう場合があります。

ジャック・ラッセル・テリア

ジャック・ラッセル・テリア

イギリスで生まれたジャック・ラッセル・テリアは、小さいけれど気が強い犬種です。「指を出せば腕ごと取られてしまう」と言われるくらい頭が良い犬です。

彼らは他の犬種よりも狩猟本能が強いので、人を噛んでしまったり、鳥などの小さな動物を殺したりしてしまうのを防ぐためにしっかりとしつけることが大切です。

そのため、時間をかけて育てられる人、またはしつけのエキスパートか、プロにしつけてもらうためのお金がある人にしかオススメできません。

パピヨン

パピヨンはとてもアクティブで陽気な犬ですが、それと同時にとても疑い深いです。遊ぶのは大好きですが、誰とでも遊ぶわけではありません。見知らぬ人は遠くから観察してから気に入った人かどうか決めます。

最初に言ったように、このリストは一般論を集めて作ったリストです。ですから、全ての犬がこういう性格だとは限らないでしょう。多くの場合、子犬の頃から社交的になるように育てられていれば、成犬になってもフレンドリーな犬になります。