「ブラック・ドッグ・デー」をご存知ですか?

· 2018年6月13日

皆さんはブラックフライデーは何の日かわかりますよね。元々アメリカで始まりましたが、世界各国に広がりつつあります。11月になると何百万もの人々がブラックフライデーを心待ちにしています。なぜならその日はたくさんの高品質な商品が破格の値段で買えるのですから。けれどブラックドッグデーというのもあります。何なのかご存知ですか?これから一緒に見ていきましょう。

ブラックドッグシンドローム

他の記事で黒い犬に対する差別、ブラックドッグシンドロームがあることを説明しました。元々犬ではなく、黒い猫が不吉の前触れと言われてきましたが、この色は怪しいと思う人が多いようです。

黒い犬

黒犬の表情の方が強そうで怖かったり、写真映えしないと言う人もいます。その他にも、目から表情が読めないと言う人までいます。どうコメントしていいかわかりませんね…

犬を引き取ろうと思う人は、黒い犬を一番最後に選びます。実際、他の記事でも紹介したように、黒い色をした動物の方が見捨てられる確率が高いのです。

ですから、黒い犬のためのブラックドッグデーを作ることにしたのです。これからその理由を教えましょう。

10月1日、ブラックドッグデー

ブラックドッグデーを毎年祝うためにこの日が選ばれました。黒い犬だけのための日です。

私たちがブラックフライデーにもっと安い値段で商品を見つけられるのと同じように、ブラックドッグデーは、犬を引き取りたい人は保健所などに行って最も美しい犬たちの中から欲しい犬を見つけることができます。けれど、その犬たちはみんな同じ色、黒色なのです。

黒犬を写した美しい本を出した写真家がいました。彼は黒犬の美しさは他とは比べ物にならず、とても写真映えするのだということを証明してくれました。実際、彼の本にはテーマがありました―黒です。彼の写真集では、黒い背景に黒い犬が写されていました。

その写真は黒犬に関する根拠のない迷信を嘘だと証明してくれるので、見る価値はあるでしょう。けれど外見の美しさが全てではありませんし、黒い犬を引き取るべき理由は他にもたくさんあります。その理由、知りたくありませんか?

ブラックドッグデーに黒い犬を引き取ろう

黒い犬はその色のおかげで他の犬とはとても違って見えるでしょう。けれどそれ以外は特に大きな違いはないのです。これから黒犬を引き取るべき理由を紹介しましょう:

他の犬たちと同じように忠実であなたのことを愛してくれる

忠実さは、その犬の色に関わらず犬が本能的に持っている性質です。外見なんて関係ないですし、それより大事なのは中身です。黒い犬は他と同じように動物であり、もちろん犬の特徴や気持ちをすべて持っています。

ミステリアスなんかじゃない

たくさんの人が黒を縁起の悪さやミステリーと結びつけます。けれど、他のどんな犬と同じように、黒い犬はあなたにたくさん尽くしてくれるし、あなたと分かち合えるものももっとたくさんあります。環境によっては周りに溶け込みやすいというのは事実ですが、それは長所であり短所ではありません。

キレイにしやすい

黒い犬は毛並みがツヤツヤしているのが特徴です。真っ黒くツヤツヤに光り、汚れも目立ちません。白い犬を飼ったことはありますか?あるなら私たちの言っていることがわかると思います。

素晴らしいヒーターになる

黒は熱を吸収すると言いますよね。ですから、寒い冬の夜にはあなたの黒い犬は良いヒーターになるでしょう。

おしゃれな飼い主になれる

ベルジアンシェパード

黒はいつの時代でも定番のオシャレ色ですよね。何を着ようか迷ってしまった時、クローゼットから黒いドレスをひっぱり出せばあとはもう髪の毛をセットして素敵な靴を履けばオシャレに見えます。おしゃれに見えるのに黒い犬はぴったりではないでしょうか?

素晴らしい番犬になる

黒い犬は周りを怖がらせます。ですから、大きな黒い犬を飼っていれば泥棒や、しつこい元カレや元カノから自分の身を守るのにぴったりです。

黒い犬は他の犬と同じように美しく、普通の犬なのだという事を覚えておいて下さい。あなたの近くの保健所はブラックドッグデーに参加しているか調べてみましょう。そして、ぜひ黒い犬を引き取って下さい。