ボンベイの特徴とケア

· 2018年9月12日

 

ボンベイとして知られているこの猫は、米国で生まれました。バーミーズアメリカンショートヘアのブラックを交配させてできた猫種です。

黒猫には数えきれないほどの種類があります。このブログでは様々な動物についてご紹介しましたが、それでも全ての黒猫についてはお話できていません。今回の記事では、その黒ヒョウのような容姿で人を魅了するボンベイの特徴とケアについて学んでいきましょう。

ボンベイのまとめ

起源

「ボンベイ」という名前から、インドの都市「ボンベイ(現在のムンバイ)」が出身と思う人は多いのですが、この黒猫は実はボンベイ出身ではありません。黒褐色のバーミーズとアメリカンショートヘアのブラックを交配させてできた猫です。

特別な黒い猫を作ろうと米国ケンタッキー州のブリーダーによって改良されました。そして1950年代、黒い毛皮に身を包み吸い込まれるような目の猫が誕生したのでした。

それでは、ボンベイという名前はどこから来たのでしょうか?ボンベイ猫はインドに住む黒ヒョウを思わせるため、その名を与えられました。当時はとても珍しい猫であったことから、すぐにボンベイと認識されました。ブリーダーは黒いバーミーズを作り出す予定でしたが、生まれてきたのは真っ黒で短い毛をした黒ヒョウに似た目を持つ猫だったそうです。

体の特徴

ボンベイは毛が短く、通常、黄色か緑色をしたアーモンド型の目を持つ中型の猫です。筋肉質な体つきですが柔らかく、しなやかな猫らしい体のラインが見られます。ボンベイの頭は丸く、顔や額も丸みを帯びています。

ボンベイの耳は先端が丸く、やや前に傾いています。尻尾は先端にかけてだんだんと補足なっているのが特徴です。そして、猫には珍しく、黒い肉球を持っています。純血種と認められるにはに他の色や模様などのない、真っ黒である必要があります。

性格

猫は独立心が強いとわれがちですが、ボンベイは甘えん坊で一人でいることを嫌います。愛情深く、喧嘩が嫌いな落ち着いた猫です。また、その身のこなしからは自信もうかがえます。

ボンベイの性格

ボンベイは猫の中でも好奇心が非常に強く、頭の良さと共によく知られている特徴です。簡単な指示ならすぐに覚えられます。ボンベイは器用で知的、そして落ち着いていて愛情深い猫なのです。

また、環境適応能力が高いのでアパートで飼うのにも向いています変化にもすぐに対応できる優れた性格で、ルーチンの変化にも戸惑うことはありません。

スキンシップや愛情を求めて近寄ってくる可愛い性格の持ち主であるため、猫と一定の距離を置いた生活をイメージしている人には向かない猫です。

ボンベイはやんちゃな性格をしているので、他の猫や小さな子どもがいる家庭でも問題なく飼えます。面白いことに、他の猫よりも犬との方が仲良くできるという研究結果が出ています。これは犬のような人懐っこい性格がゆえかもしれません。そして、犬のように散歩に行くのも大好きなのです!ハーネスを付けて散歩に出かけてみましょう。ただ、遊ぶのは大好きですがスタミナはそこまでないので疲れさせないように気を付けましょう。

ケアと健康

大きな音は苦手なので静かな場所で飼ってください。これは、ボンベイの聴覚は非常に発達しているため、聞こえないと思えるような小さな音でもボンベイには雷のように大きな音に聞こえてしまうためです。

ボンベイのケア

日頃のケアですが、特に他の猫よりも多く構ってあげる必要はありません。しかし、食べものに関してはこだわりがあり不安が強いため、目の前にあるものを食べ過ぎてしまう傾向にあります。

そのため、長時間餌を出したままにしないなど食事には気を付けましょう。決められた時間に高品質で低脂肪、そして栄養素が高いを与えましょう。愛情深くやんちゃな猫が好きな人にとってはボンベイは理想の猫になることでしょう。