アパートやマンションにオススメの小型犬

· 2018年9月21日
全ての犬がアパートの生活に上手く適応できるわけではありませんが、今回紹介する小さなワンちゃん達はアパートやマンションにも上手く適応してくれます。

あなたの家がそこまで大きくなくても、ペットを飼うことはできます。全ての種の犬が小さなスペースの家に向いているわけではありませんが、どのような小型犬がアパートやマンションで生活できるのかを紹介していきます。もちろん広い場所で飼っても大丈夫です。

アパートで生活できる小型犬

パティオやお庭のない小さな家に住んでいても問題ありません。犬の種類によっては小さな屋内のスペースを心地よく感じることができるのです。しかし、アパートやマンションで犬を飼う場合は、公園や近所に散歩に行くことが、ストレスやうつからペットを守るためにとても重要になるということを忘れないでください。

もしあなたが大きな家をもっていないけど親友を探しているのであれば、これから紹介するアパートで生活できるワンちゃんがオススメです。

1. チワワ

このふさふさなメキシコ生まれの小さい犬(最重量は3kg) は数メーターしかない小さなスペースでの生活でもしっかりと適応していくことができます。チワワはとても賢く、いつでも警戒心が強く、私たちのボディーガードにもなれます。時には吠えすぎて近所の人に迷惑をかけることもありますが、子犬の時に音楽を少し聴かせてあげたり、トレーニングをすることで防ぐことができます。

チワワ

2. ウエストハイランドホワイトテリア

スコットランド生まれのとても綺麗なテリアで、”ウェスティー”とよく呼ばれています。その小さなサイズのため(5 ~ 10kg)、飼い主が連れていくところどこへでも問題なく適応でき、アパートでも生活することのできる犬の一種です。あなたが帰宅した時は、キスをしたり尻尾をふったりして、あなたのそばにいることができる幸せを示してくれるでしょう。しかし、大型犬のような気質を持っているので、運動を毎日行うのが理想的です。

 

3. コッカースパニエル

小さなスペースで生活できますが、次のようなことに気をつけてください。もしあなたが1日中外出しているような生活であればオススメできません。例えば、家で働く人、またはいつも家に誰かがいる人にとってはよい選択だと思います。コッカースパニエルは1人になるとたくさん吠えたり、うつになったり、物を壊したり、おしっこをそこらじゅうでしたりします。このワンちゃんは運動が大好きで、肥満を避けるためにも適度な運動を毎日必要とします。また、家族と一緒にいることが大好きな犬です。

4. プードル

プードルはその小さなサイズと他のペットのような強烈な匂いがないために、アパートでの生活に適しています。プードルは体も小さいので、小さなスペースのアパートやマンションに向いており、とても活気的で、元気がよい動物です。しかし、行儀良くいるためにはエクササイズが必要です。毛が絡まらないように、切ってあげたり、ブラシをかけてあげるなどのこまめなケアも忘れないでください。

5. ヨークシャーテリア

ヨークシャーテリアもアパートやマンションに向いている犬の一種です。とても小さいですが(3.5kgほど)、警戒心が強く危険を察知したらしっかりと吠えてくれる番犬にもなれます。ヨークシャーテリアは飼い主からの注意を必要とするので、1人で残されても大丈夫ですが、長い間1人で残すことはオススメできません。

ヨークシャーテリア

6. マルチーズ

この中型の犬は3から4kgぐらいのサイズなので、小さな家にはぴったりです。マルチーズはとても賢く、友好的で、感情豊かな素晴らしい番犬です。知らない音を聞いたら吠え、どんなことも恐れません。加えて、他の犬と比べてそこまで運動を必要としないので、お年寄りと一緒にいることもできます。

7. パグ

アパートで生活できる犬のリストの最後は可愛らしいパグです。元々は中国からやってきたパグ。可愛らしく遊び心のある気質をしています。小さなころからしっかりと他の犬や人と交流できるようにしつけることがパグとってとても重要です。そうすることによって、知らない人に対して恥ずかしがったり、疑い深く思うこともなくなります。パグはいきいきとしていて、アクティブな動物なので、毎日の散歩を必要とします。特に生後3年間は散歩を欠かしてはいけません。