失敗せずに犬に薬を与える方法

· 2018年10月2日
今回紹介する方法を利用すれば、犬に気づかれることなく薬を飲ませてあげることができます。

温厚なペットであっても薬を飲むことは嫌がります。今回は彼らの健康を守るためにも、失敗せずに犬に薬を与える方法を5つ紹介したいと思います。

最も簡単な方法は液体タイプのものをあげることです。しかし、水溶液内に高い密度の能動素子を獲得することは難しいので、獣医の多くは個体の薬を使うことが多いです。

ペットが自ら薬を飲み込むということはほとんどないので、飼い主の仕事が楽になるよう、様々な方法が考え出されました。

どうやって犬に薬をあげればいいの?

犬に薬をあげる時に重要なことは薬が正しく摂取されたことを確かめることです。

犬に薬をあげる時にもっとも重要なことはしっかりと薬が正しく摂取されたことを確かめることです。

なので、舌の下に薬が残ってないかなど、しっかりとペットの口の中を確認することを忘れないでください。そうしなければ、ペットが薬を吐き出したりして、治療がうまくいきません。

ペットを傷つけることを避けるには、基本的に薬をあげている時は辛抱強く、そして注意深くいることです。注射器を使って液体状の薬を与えている時でも同じような態度で挑んでください。

暴力的な処置は吐き気や苛立ち、気分の低下を起こします。なので、もし動物に薬をあげることが恐い場合は獣医に行って助けを求めるといいでしょう。

犬に薬をあげる上でのコツ

喜ばれる味で噛むタイプの薬を選ぶ

噛むタイプの薬は処方しやすいです。飼い主にとっても楽ですし、ペットにとっても楽です。犬にとって美味しいフレーバーの薬を開発している会社もあり、薬をご褒美感覚で与えることを可能にしています。

固形の薬を砕く

固形の薬のサイズは処方を難しくします。おもに小さな犬や子犬にとって、固形の薬を飲みこむのは大変でしょう。

ですので、薬を小さく砕いてください。すると、大切なペットを傷つけることなく簡単に薬をあげることができるでしょう。注意してほしいのは、薬を無駄にしないように気をつけることと、推奨される薬の量を減らさないように気をつけなければならないことです。

薬を薄めたり溶かしたりする

薬のほとんどは親水性です。親水性とは、科学的混合物やもとからの効果を傷つけることなく水に溶けることができるということです。

なので、もっとも効果的な方法の一つは、水に溶かして、綺麗な注射器を使い、動物ののどに直接入れてあげることです。タブレットを砕くと簡単に溶かすことができるでしょう。

その際、吐き気や怪我、喉の嫌な感じをおこさないように気をつけて処方しましょう。処方中に犬の口を開けた状態のままにしておく時も、間違って注射器が刺さってしまわないように、またはこぼれてしまわないようにしっかりと気をつけましょう。

もし犬がイライラしたり、攻撃的な態度をとるようであれば、ほかの方法を試みてください。

食べ物を薬と混ぜる

嫌な匂いをカモフラージュして、動物が自ら薬を摂取するようにする方法は、犬の餌とミックスすることです。

しかし、しっかりと潤いをたしてあげて、パウダーがしっかりと食べ物とミックスされるようにしてください。缶のウェットフードや、塩の入っていないライスクリームと一緒に与えてみましょう。

犬に薬を飲み込ませる

これは全く反対な方法です。一方で、しっかりと薬が摂取された、そして薬が無駄にされなかった、または、他のものと混ぜたことで効果を失ったという利点もあります。

犬に薬を飲み込ませる。

しかし、多くの人はこれは強制的すぎる方法だと考えます。これによって吐き気や苛立ち、かゆみを引き起こす可能性もあるでしょう。

なので、飼い始めたばかりや、攻撃的で自己防衛の行動をとるワンちゃんにはこの方法をとるべきではありません。経験豊富で自分のペットと信頼し合えている飼い主の方が行うようにしましょう。

この形の処方はシンプルです。ペットの口を開いて、片手で開けたままの状態を保ち、もう片方の手で薬を口のおくに押し込んでいきます。その後、犬に口を1分から2分閉じたままに強制させて、薬を吐き出させないようにしましょう。