にんにくという優れた駆虫剤

· 2018年5月20日
にんにくについて知っている全てのことと、そして、ペットを寄生虫から守るためのにんにくの使用方法について紹介します。

にんにくの健康効果は広く知られているものです。病気を防いだり、その他の異常に対しての手当てとしても利用されます。そして、同じように、この食べ物は私たちのペットにとってもとても効果的で、素晴らしい駆虫剤となってくれるです。

にんにくはペットにも使える?

にんにくは動物には有害だと考える人もいます。そしてこれは全く嘘ではありません。硫化アリルプロピルと呼ばれる毒素を含んでいるのですが、この毒素は摂りすぎない限り、危害を加えることはありません。

しかし、同様に体内の細胞が傷つき、他の症状を引き起こしてしまう可能性はあります。例えば、貧血症などがあり、適度な摂取量を確定するために、スイスのチューリッヒである研究が行われました。

多くの分析を実践し、彼らは一つ結論に至りました。基本的に、もしペットが自分の体重の1キロに対して5グラムまたは5グラム以上のにんにくを摂取すると、それが毒になってしまうそうです。言い換えれば、にんにく1つは2〜3グラムです。なので、中くらいの大きさの犬は、1日ににんにくを最低でも5個以上食べないと、危機に堕ちいないということになります。

優秀な駆虫エージェント

このようなことを念頭におくと、この野菜をペットに使用してもよいということを分かってもらえると思います。しかし、使いすぎないように気をつけなければいけません。どのようにするのか、みていきましょう。

ペットににんにくを使用する方法

にんにくには何千もの異なった形態がありますが、ペットにとってもっとも効果的な状態は新鮮な状態です。1日に1個から2個のにんにくをペットの食べ物に混ぜて食べさせてあげると、寄生虫防止になります。

これは最低でも1週間は続け、寄生虫の気配が感じられないとしてもこのプロセスを繰り返すことが勧められています。オススメは一年に1回か2回はこれを行い、ペットに寄生虫が確実についていない状態にすることです。

チューリッヒで行われた研究によると、1日に4グラム以上は摂取しないこと、言い換えれば、1日に最高にんにくは2個まで。これは中くらいのサイズのペットの場合です。なので、もっと大きい場合は、限度をあげてもいいし、もっと小さい場合は限度が下がるはずです。

しかしながら、これはあくまでも家庭でできる療法なので、すべての犬にいいとは言えないし、全ての寄生虫に効くともいえません。なので、獣医にこれはあなたのペットにとっていい方法なのか、尋ねるようにしましょう。

駆虫エージェントのような家庭でできるその他の療法

薬や中毒性のある製品を使用する前に、家庭でできる療法はよく選ばれます。できる限りに自然のものに近いものを選びましょう。自然のものはよく効いてくれるのです。

以下が寄生虫に対して家庭でできる療法です。

  • ノミやダニ:ミントティー、ユーカリ、りんご酢、ラベンダーウォーター
  • 胃の寄生虫:バンプキンシード、レモンのタネ、小麦胚芽油、タラ肝油

ほとんどの家庭でできるこういった療法は、ペットの餌と直接混ぜてあげると、もっとも効果的です。獣医さんが許可を与えてくれたにも関わらず、ペットがその療法に我慢できない場合は、なにか他の方法を調べましょう。