お家で簡単にできる犬用歯磨き粉の作り方

· 2018年8月2日
専門商品にたくさんのお金を費やす必要はありません。ここにある簡単なコツを覚えるだけで、あなたも愛犬の口内衛生を守ることができるのです。

愛犬の歯磨きは、見過ごしがちですがとても大切です。というのも、口の中にバクテリアが溜まり、深刻な病気に発展する可能性もあるのです。愛犬のために、効果的な自家製歯磨き粉を作ってみたいと思いませんか?

自家製歯磨き粉は簡単に作れる

歯磨き粉を作る方法は様々ですが、どの作り方でもバクテリアや歯石に効果を発揮するものができるでしょう。では、その歯磨き粉のレシピを見てましょう。

歯磨きの友、重炭酸ナトリウム(重曹)

重曹は人の口内衛生には欠かせないものですが、ペットにとっても同じです!重曹を用いて犬用の歯磨き粉を作るには、以下のものが必要となります。

  • 小さじ1/2杯の重曹
  • 小さじ1杯の水、もしくは味を良くしたいなら、同量の鶏の煮汁
  • ココナッツオイルを少々
  • 息をすっきりさせる為のシナモン
  • 殺菌作用として、コロイダルシルバーを2滴

これらの材料を混ぜ合わせ、ガラス瓶などに入れて冷蔵庫で保管しましょう。鶏の煮汁を使用した場合は尚更です。出来た歯磨き粉を犬用歯ブラシに塗って、ゆっくり慎重にブラッシングしてあげましょう。

お手する犬

これら材料を使うのには一つ一つ理由があり、よく効く自家製歯磨き粉の最高級ブレンドといえます。

コロイダルシルバーのみ

コロイダルシルバーは細菌を殺す事で知られています。とても効果的とされており、自家製歯磨き粉にも最適でしょう。歯ブラシに数滴垂らして、ペットの歯を磨いてあげましょう。

ココナッツオイル

愛犬用の自家製歯磨き粉には、ミント、重曹、そしてココナッツオイルは欠かせません。(できればガラス製の)容器を用意して、大さじ2杯のココナッツオイルと大さじ2杯の重曹、そしてミントの精油を少量加えましょう。

もし精油が無かったら、ミントの葉っぱを加えて一晩寝かせてもOKです。とても良い香りの自家製歯磨き粉ができるでしょう。

一晩寝かせるときは冷蔵に入れておきましょう、ミントの成分がよく染み込み、良い味に仕上がるでしょう。これは犬の歯磨き時に使用するわけですが、5日以内に使い切るようにしてください。

歯磨きしている犬

口内環境の改善だけでなく、他にも良い点はあります。材料を上手く混ぜ合わせれば、精油が「糊」として作用し、ミントによって口臭も改善されるのです

レモンとイースト菌

これもまた簡単にできる犬用の自家製歯磨き粉です。少しのイースト菌とレモンの皮、少しの塩さえあればできるのです。
材料すべてを蓋つきのガラス瓶、もしくはシェイカーなどに入れてよくかき混ぜましょう。コツとしては、その後冷蔵庫で冷ます事ですね。ご存知の通り、イースト菌の活動が活発になる為です。
レモンは口臭を改善して犬の口内を爽やかにするだけで無く、歯をより白くします。塩は口の中に傷があった場合に、そしてイースト菌は殺菌作用があるたけで無く歯垢にも有効です。
これらのレシピが、あなたの愛犬の口内衛生に役立てば幸いです。歯磨きは最低でも週に2、3回するのだけは忘れないで下さい。後は、材料が持つ自然の力に任せましょう。